記事

野坂昭如氏ら「朝ナマ」文化人を偲ぶ

野坂昭如が亡くなった。
小田実も大島渚もすでにこの世にいない。
3人とも「朝まで生テレビ」の常連で、反戦平和の「サヨク」だった。
戦後の才能ある文化人は「サヨク」が主流だった。
西部邁がその流れを変えた。
「サヨク」が限界を迎えていたのだ。 

その頃はわしは一般視聴者だったが、「朝ナマ」は文化だった。
エンターテインメントとしても面白かった。
わしが出演し始めた頃は、まだ野坂や大島は健在だった。
『戦争論』のわしが登場した頃は、二人とも不愉快そうだった。
野坂には「小林よしのりをぶん殴ってやる」と宣言されていた。
どこかで会わずに済んでよかった。 

わしは自宅に閉じこもる職業である漫画家ゆえに、しゃべりはてんで苦手で、まだ「サヨク」の彼らにも、論理より、存在感で圧倒されていた。
とにかく昔の「朝ナマ」はキャラが濃かった。
小田実も野坂昭如も大島渚も、プロフェッショナルとして、独自の作品やムーブメントを生み出す業績を持っていた。

なんといっても「才能」である。
今の「サヨク」や「自称リベラル」には「才能」がない。
「才能」のある者は、社会性がないオタク系になって、言論の世界には登場しない。 

高度経済成長が終わり、社会から「活力」がなくなって、若者の中から強力な「存在感」を発揮する者が育たなくなった。

若者を活性化させるためにも、わし自身が謙虚さを捨て、嫌われる覚悟を持たねばならぬと内省している。

あわせて読みたい

「野坂昭如」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  4. 4

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  5. 5

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  6. 6

    橋下徹氏「国立大学は甘えすぎ」

    橋下徹

  7. 7

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  8. 8

    コロナ巡る混乱 抗体ない深刻さ

    essa

  9. 9

    マスクなしで頑張る 森氏に批判

    女性自身

  10. 10

    コロナで観光客減 非正規に危機

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。