記事

中国が再び利上げ 株式はコラテラル・ダメージとして見捨てられている

中国人民銀行が利上げを発表しました。

過去2カ月で2回目になります。

貸付金利、預金金利ともに0.25%引き上げられ、それぞれ5.81%と2.75%になります。

中国が引き続き利上げしなければいけないことは明白であり、その意味では今回の利上げはサプライズではありませんでした。

ただ年末のこのタイミングで利上げしたことには人民銀行の強い意思を感じました。なぜならこの時期から旧正月にかけては中国の事業主が手元のキャッシュを潤沢にしておきたいと考える季節だからです。

実際、先日のオークションはキャッシュを温存しようとする向きが多かったので人気薄でした。

中国の短期市場での金利は金詰まり感から急上昇しています。

これらは全て政府の思惑通りのシナリオです。

株ですか?

株は既に「コラテラル・ダメージ(巻き添えの犠牲者になること)がおきても、仕方ない」というカタチでwritten offされているはずです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  10. 10

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。