記事

新興国投資を登山に喩えれば 2/2

1/2
さて、先ほどの直接投資のグラフに戻ると1992年の訒小平の南巡講話以降、中国への直接投資が飛び出していることがわかります。
リンク先を見る
それからほどなく、1995年の時点での各地域の海外直接投資の受け入れシェアを見ると東アジアが圧倒的となっていることがわかります。その反面、インドを含む西アジアは全く顧みられていないことも目を引きます。
リンク先を見る
東南アジアはタイなどの新興国が注目されはじめた時期にあたりますので、かなり直接投資の流入があったことがわかります。

そして今回の金融危機が襲って直接投資が激減した後の2009年でのシェアは下のパイチャートのようになっています。
リンク先を見る

これを見ると東アジアの比率が下がり、インドを含む西アジアが増えています。またアフリカや湾岸諸国など世界のいろいろな地域にバランス良く投資が分散しはじめたことがわかります。

なお2010年の予想については今回お見せしている資料には出ていないのですが、湾岸諸国などが好調に直接投資の受け入れを伸ばすと予想されています。

トピックス

ランキング

  1. 1

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  2. 2

    緊急事態宣言 段階的解除で調整

    ロイター

  3. 3

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  4. 4

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  5. 5

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  6. 6

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    家事両立ムリ? テレワークの弊害

    常見陽平

  8. 8

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。