記事

三浦瑠麗さんと対談した

今日は三浦瑠麗さんと対談、来年初頭の「SAPIO」に載る。

わしは三浦氏のことを誤解していて、第二の櫻井よしこかと思っていたが、「朝ナマ」で何度か話し、新書を読んでみると、違うということが分かった。個人主義でリベラルでという感覚は、わしも30代ではそんな感覚だったから、文句言う資格はない。 

ただし、三浦瑠麗は「リベラル」と言っても、サヨクではない。香山リカも「リベラル」と自称してるが、あれはサヨクである。 

マルクス主義者を漢字で「左翼」と記していたら、そういうのは共産党か運動家しかいなくなって、日本人の大多数が、カタカナで記すのが適当な「サヨク」になってしまった。反戦平和で、護憲派で、平等主義が「サヨク」である。 

その「サヨク」があまりにも偽善的で信用されなくなったために、「リベラル」を自称するようになっているのだ。香山リカはそのタイプで、「リベラル」ではない。実は薄甘い「サヨク」である。 

三浦瑠麗はそういう「サヨク」ではない。三浦氏こそは「リベラル」なのだろう。 

ただし、三浦氏は「保守」とは何かを理解してないようで、確かに「保守」の定義はあいまいになっていて、誰も分からない状況になっているようだ。従米で、イラク戦争に賛成した連中が「保守」を自称しているから、誤解されるのだ。さらに皇統は男系固執で、女性蔑視が身に沁みついた 連中が「保守」を自称するから、偏見を持たれる。

そのうち、これを徹底的に解き明かす本を作る必要があるだろう。まだ来年発売の幻冬舎のSpecial本があるから難しいが、それが終わったら、挑戦してみたい。これは新書ではなく、漫画でやった方が、誤解なく説明できそうな気がする。

 

あわせて読みたい

「小林よしのり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。