記事

“遺産”作りに勤しむ馬英九 中台関係重視のあまり反発も - 岡崎研究所

中台首脳会談を前にした11月5日付の台北タイムズは、社説で、再選時の公約に違反し、レガシー作りに余念がない馬英九総統を批判しています。

“中国の指導者には会わない”と述べたにも関わらず…

 すなわち、中台両岸関係は、政権担当者にとって、台湾の安全保障、主権、国家の尊厳が絡む極めてセンシティブかつ慎重な評価を要する案件である。

 それゆえに、近々馬英九総統が習近平主席と会談するという報道は、台湾の人々を唖然とさせている。2012年の再選以来、馬英九は自身のレガシーを残したいという野心を隠さずにしてきており、習近平と会談したいということも何度も公言してきていた。だがこれまで、台湾総統で中国の指導者と会談するという間違いを犯したものはいなかった。というのも、それはオリーブの枝を差しのばすことと解釈されるためである。

 馬英九は2011年11月18日に「再選した場合、中国の指導者には絶対会わない」と述べていたし、中台首脳会談をするとしても「台湾がそれを必要とし、国民が支持し、議会がプロセスを監督する場合に限る」とも言っていた。今回の首脳会談に際し、馬英九は台湾国民の同意を得たのであろうか。

 住宅価格の急上昇、労働市場の悪化、世帯収入と輸出の減少により、台湾経済は芳しくない状態にある。労働省の統計によれば、10月の一時解雇者数は昨年2月から最高水準に達しているとされ、失業率も7月の3.82%から8月までに3.9%に達している。また、彭淮南中央銀行総裁は、今年のGDP成長率が1%を超えるのは難しいと述べている。こうした中でも、馬英九の関心は、経済対策よりも、習近平と握手するということに向けられている。

 国民党は、首脳会談は両岸関係の発展に資すると評しているが、台湾国民は馬英九の不透明な政策過程と水面下で行った決定に、軽蔑と反発を示している、と述べています。

出 典:Taipei Times‘Ma’s sly effort to slip into history’(November 5, 2015)
URL:http://www.taipeitimes.com/News/editorials/archives/2015/11/05/2003631705

*   *   *

 上記は、中台首脳会談を唐突に決定した馬英九総統を非難する台北タイムズの社説です。

 本社説は、馬英九総統はこれまで中台首脳会談が開催される条件として「台湾がそれを必要とし、国民の支持があり、議会がそのための手続きを監督する」という3つの要素を挙げてきたが、今回それらはすべて無視されたと非難しています。

 これまでの経緯から言えば、馬英九は、昨年9月の北京APECの会合に参加し、習近平と会談したいとの希望をもっていましたが、中国としてはAPECという国際会議の場で台湾のリーダーに会うことは台湾を一つの「国家」として扱ったと受け取られる可能性があるため、これを断りました。その後、中台首脳会談の設定が表面化したことはありませんでした。

思惑が一致した中台

 今回、1949年以来行われたことのない中台首脳会談が行われることとなった背景として、中国、台湾それぞれの特別の思惑が一致したことがあげられます。

 馬英九にとっては、次回総統選挙が約2か月後に迫った段階で、初めて対等な立場で中国指導者と会談したという歴史的実績(「レガシー」)をつくりたい、ということでしょう。そしてうまくいけば、いま劣勢に立たされている総統選挙に向け、すこしでも国民党に有利な状況をつくりだせると思ったのでしょう。馬英九としては、中国との間でなんとか安定的関係を維持できるのは国民党であり、けっして野党民進党ではないということを見せつけたかったに違いありません。

 習近平の側から見れば、台湾を中国の望む「一つの中国」の原則に引き込むことが出来ると考えたのでしょう。そして、総統選挙に向けて「一つの中国」の原則を受け入れない民進党を牽制しつつ、国民党のてこ入れを行うことができるかもしれないと思ったのでしょう。

 最近の南シナ海をめぐる中国の対応ぶりについては、強硬な主張にかかわらず、米国のイージス駆逐艦の行動を前に、有効な対抗措置をとりえない状況が続いています。そのことをめぐって共産党指導部内では習近平の対米外交の処理ぶりにつき論議が行われている可能性もあります。そのような時期に台湾問題でイニシアチブをとることは、党内の関心を南シナ海から台湾に向けさせる効果をもつものと考えられます。

 実際に、中台間の首脳会談で、いま双方が合意できることは何でしょうか。中国が常に主張する「一つの中国」の原則に台湾をどこまで引き込むことが出来るかが焦点になります。

 台湾側(国民党)は、「一つの中国」の原則を、同床異夢的にとらえ、「一つの中国」はあくまでも「中華民国」と解釈されるとの立場をとってきました。しかし、中国側にとっては、台湾はあくまでも中華人民共和国の不可分の一部であるとの立場をとってきました。

双方に政治的リスクもたらす中台首脳会談

 このような原則論をめぐる相違以外に、シンガポールでは、どのような合意が可能なのでしょうか。かつて李登輝元総統は「馬英九総統の総統選挙後の行動に注意せよ」と述べ、その際、馬が中国との「和平協定」締結に踏み切るのではないか、と述べたことがあります。台湾の制度では、総統選挙後も総統の任期は4か月ほど続きます。

 民主主義が定着した今日の台湾において、議会の手続きを経ずに協定を締結するという事態は想定し難いことです。中台間の「和平協定」締結は、台湾の安全保障にとって死活的に重要な米国の「台湾関係法」による武器輸入を停止することを意味するものであり、台湾のみの決定により左右されるものではありません。

 今回のシンガポール首脳会談には、中台双方の指導者にとって、大きな政治的リスクが伴うものと見る必要があります。台湾において、もし民意の動向が今回の馬総統の決断に批判的であり、首脳会談は中国による台湾総統選挙への介入であると受け取られた場合、1月の総統選挙、議会選挙において、馬英九の思惑に反する結果になる可能性があります。その場合、習近平にとって、台湾問題において何らの実質的進展もなく、むしろ逆効果であったということになれば、共産党内からの批判は免れがたいでしょう。

 これまでの中台間の歴史を一瞥すれば、中国が台湾の総統選挙に介入し、強硬姿勢を取った時、(例えば、1996年のミサイル発射事件、2000年の朱鎔基首相の恫喝的発言等)、台湾の人たちの反応は、逆に、中国からますます離れていくという傾向を示しました。台湾人の意識は、中国の指導部が想定するほど単純ではないのです。

あわせて読みたい

「台湾」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  7. 7

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  8. 8

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  9. 9

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  10. 10

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。