記事

会計士のための「財政赤字」研修に思う

1/2
ムーディーズが日本国債の格付け見通しを現行の「安定的」から「引き下げ方向(ネガティブ)」に変更したと発表した22日、会計士協会東京会のHPを見ていた私はこんな研修会があることを見つけた。

-------------------------------------
研修会名:千代田会主催CPE研修会 研修会詳細情報

■テーマ
財政赤字と国債について

国家会計の体系や一般会計と特別会計の仕組み等を踏まえ、我が国の財政赤字について真剣に考えます。

郄橋 洋一 先生 (嘉悦大学教授、元内閣参事官)

【主な著書】
「財投改革の経済学」(東洋経済新報社)、「さらば財務省!」「日本は財政危機ではない」「恐慌は日本の大チャンス」(以上、講談社)、「日本経済のウソ」(筑摩書房)

2011年4月7日(木) 18:15〜20:00 市ヶ谷「公認会計士会館 ホール1」
--------------------------------------

あの財政問題の専門家・高橋氏が会計士の先生方に直々にレクチャーして下さるのだ。
(最新作↓)
リンク先を見るバランスシートで考えれば、世界のしくみが分かる
高橋 洋一
光文社


ただ・・・・・・「財政赤字について真剣に考えます」。この表現はいただけない。今まではいい加減に考えていたのかい?とツッコミたくなる。

それはそれとして、私は会計士の先生方に対して、2つの理由からこの財政研修会に参加すべきだと思っている。
(因みに、私は速攻で申し込んだ。とりあえず。)

理由の1つは、言うまでもなく日本の「財政問題」の深刻さを知るということ。昨今の政治のふがいなさとも相まって、財政破綻が急速に現実味を帯びてきた感がする。ちょうど20日はあの池田信夫氏のブログも「財政破綻とハイパーインフレ」を取り上げていたっけ。多くの識者が警告を発しており、会計士協会もこうした動きを察知して、クライアントとの会話ネタ、あるいは会計士先生方のご自身の資産運用の参考にてもらおうと企画したのかも知れない(もっとも、高橋氏はどういう主張をされるかはわからないが・・・・)。
では、仮に財政破綻が迫るとして、我々はどうすればいいか。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ダンボール箱2個に現金1億1400万円 匿名の寄付金に感謝

    笹川陽平

    11月30日 09:14

  2. 2

    岸田首相の決心を高く評価します そして日本の今の状況で政府は何をすべきか

    中村ゆきつぐ

    11月30日 09:12

  3. 3

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  4. 4

    前代未聞のスピードでオミクロン株対策を実行 岸田首相が発揮した鋭さ

    早川忠孝

    11月29日 16:06

  5. 5

    東京都内の衆議院議員が5名増える!次回の衆院選は「10増10減」決定へ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月30日 09:53

  6. 6

    立憲民主党の新代表に泉健太氏を選出 決選投票で逢坂誠二氏を破る

    ABEMA TIMES

    11月30日 15:18

  7. 7

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  8. 8

    さて、立憲民主党は泉健太新代表の下で生まれ変わるかな?

    早川忠孝

    11月30日 15:54

  9. 9

    40代のシングルマザーが離婚後に学習塾へ通い始めた理由とは

    工藤まおり

    11月30日 10:06

  10. 10

    秋篠宮さま、眞子さんの結婚儀式「行うのが適当だった」

    ABEMA TIMES

    11月30日 09:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。