記事

ヨン様の日本でのビジネスは今でも儲かっているのか?

1/2
「そんなこと、どっちでもいいだろっ!」ってな声が聞こえてきそうなテーマで申し訳ない。

先日も書いたが、TBSドラマ「冬のサクラ」に嫁がハマっている。第三話はサスペンス色が強まっており、片平なぎさや船越英二郎がいつ登場してもおかしくない展開だ。特に、高嶋政伸演じる「航一」の不気味さは特筆もの。ただ、彼が熱演すればするほど、おそらく視聴者は引いてしまうだろう(嫁は「コワイ!」と怯えていた)。彼がイメージキャラクターを務めるヤマダ電機の売上に影響しなければいいのだが……。

さて、「冬のサクラ」のモチーフになったとみられる「冬のソナタ」
その主人公を務めたペ・ヨンジュン氏、通称ヨン様に関して興味深い記事を見つけた。
日経ヴェリタス最新号で「ニッポンの大株主」という特集があり、ヨン様が大株主となっている日本企業が紹介されていたのだ。

デジタル・アドベンチャー =持株比率9.6%、保有株時価2.2億円、株主順位3位。

早速どんな会社か見てみた。
 (以下は、限られた公開情報に基づく邪推のオンパレード。予めご了承ください。) 

HPによれば、当社は事業開始以来、デジタルコンテンツの携帯電話やWEBへの配信を礎として、韓国ドラマ等のコンテンツの権利を取得し商品化・販売。2009年5月のビーオーエフインターナショナル株式会社との合併に伴い、韓国の俳優ぺ・ヨンジュンを中心とした大型コンテンツおよび版権ビジネスを展開することとなり、既存の「ネットワークコミュニケーション」「映像・音楽」に、新たに「メディア」「マネジメント」へと事業領域の拡大を目指していると。その実現のため、ペ・ヨンジュンおよびチェ・ジウが出演した東京ドームでのイベント開催アニメ「冬のソナタ」の日本初放送など新規事業を展開中。

ヨン様が大株主だったビーオーエフという会社とデジタルアドベンチャー(以下、DA社)が2009年に合併。その結果、DA社の大株主に踊り出たってワケだ。そして、合併これ幸いと、ヨン様及び「冬ソナ」を前面に押し出した営業展開をしているということか。

人気商売なんだから、いっそのこと、「ヨン様カンパニー」などと大胆に社名変更すればいいのにと思う。

ところが業績は厳しい。
最新のIRニュースを見ても、ヨン様の写真集発売やイベント開催といった華やかな告知に交じって、事業再構築のお知らせ、特別損失の発生と・・・・・厳しい経営ぶりが垣間見える。
2010年3月期も赤字。2011年3月期も赤字見通しであり2期連続で赤字。
要するに、ヨン様が大株主になってから利益が出ていない。これではソン様である。
さすがにブームから約7年。ヨン様の神通力も不況の前には通じなくなってきているのか。
株価も、合併により大株主となった2009年5月時点132円から41円へと3分の1。踏んだり蹴ったりだ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。