記事

【パリ発】アベノウヨクより上等な右翼政党の台頭

画像を見る

FN(国民戦線)の選挙ポスター。ルペン党首をヒトラーに模した落書きがされていた。アベ首相のポスターにチョビヒゲを書き込んで逮捕される日本よりフランスは健全だ。=9日、パリ市内 写真:筆者=

 フランス地方選挙(※)の第1回目の投票で右翼政党のNF(国民戦線)が、13選挙区のうち6選挙区で首位に立った。(※日本にたとえるなら、道州の議員を選ぶ統一地方選挙)

 「右傾化」「右傾化」と日本のメディアは書き立てる。だが同じ右翼化でもアベ政権の右傾化よりは上等だ。

 国民戦線のルペン党首は選挙期間中「移民をこれ以上入れるな」「(非合法)移民は追い返せ」と訴えてきた。

 日本でも日章旗を掲げるグループが中国人や韓国朝鮮人の排斥を叫ぶ。

 異民族排斥は極右の特徴だ。良識に照らし合わせれば、批判されて然るべきだ。

 だがフランスの国民戦線とアベノウヨクは決定的に違う所がある。ルペン党首は「グローバリゼーションから労働を守る」と唱えているのだ。

 アベ政権のように米金融資本に日本国民を差し出したりはしない。非正規労働者を激増させるようなことはしない。

 労働政策はじめ「EUからの脱退」など国民戦線の政策は、伝統的な保守である。

画像を見る

テロは愛国心を高め理性を失わせる。為政者はそれを最大限利用する。=共和国広場 写真:筆者=

 パリ市民に聞いた―

 「経済危機や難民問題があり、テロが起きた。国民はすごく不安に思っている。既存の大政党は問題解決の提案はしたが、公約を果たさなかった。

 右派は企業や銀行と癒着して汚職を引き起こした。左派は公約に述べたような左翼らしい政治を行わなかった。

 国民の間には大政党への不信感がある。そこで『FN(国民戦線)に入れてみよう』ということになったのではないか」(70代・女性)

 自民党は「TPP反対」と選挙公約に掲げながら、経団連の利益に沿いTPP推進に邁進する。民主党は「コンクリートから人へ」と言いながら、庶民に寄り添う政治はしなかった。

 日本とフランスの政治事情は似ていなくもないが、アメポチが保守を気取る日本よりは救いがある。

 選挙は2回目で決まるため、まだ予断を許さない。13日の投票結果にフランス国民は固唾を飲む。

   ~終わり~


『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。