記事

欧州市場サマリー(9日)

[9日 ロイター] - <為替> ドルが対円で122円を割り込むなど、対円・ユーロで1カ月ぶりの安値をつけた。原油相場の回復に伴い、カナダやノルウェーなどの資源国通貨が買い戻された。 

<ロンドン株式市場> 小幅続落。取引時間の早い段階では6101.22ポイントまで下がる局面もあったが、産業用金属と原油の価格上昇でコモディティ株が買われ、終盤にかけて株価は安定した。

金属価格は、中国の輸入拡大期待などを背景に上昇した。原油は、米国の週間石油統計で在庫が減ったことで値上がりした。鉱業株指数<.FTNMX1770>は3.24%、原油・天然ガス株指数<.FTNMX0530>は1.48%それぞれ上昇した。

<欧州株式市場> 続落。ドイツの製薬・化学大手バイエル<BAYGn.DE>と英資源大手のアングロ・アメリカン<AAL.L>が売られ全体水準を押し下げた。

バイエルは2.1%安。欧州や米国の医療規制当局が、同社の血栓防止薬「イグザレルト」の臨床試験に使われた試験器具に問題があった可能性があるとして調査に入ったことが売り材料となった。

<ユーロ圏債券> ドイツ国債が方向感の定まらない展開となった。今年最後の国債入札は、将来の利回り低下を見越し、旺盛な需要が集まった。

10年債利回り<DE10YT=TWEB>は3ベーシスポイント(bp)上昇して0.61%。原油相場の安定を反映して、他の域内国債利回りとおおむね同様の動きとなった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  7. 7

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  8. 8

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。