記事

「もう一つの国際会計基準」に思う

1/2
新年あけましておめでとうございます。「名ばかり管理職による不毛な深夜残業」との異名を取る本ブログ。本年もよろしくお願い申し上げます。

2010年を振り返りますと(今更かよ)、国内政治・経済の閉塞感は一段と高まった感じがします。
寅年というわけではないでしょうが、「苛政は虎よりも猛なり」という故事成語が見事にハマッた1年でしたね。

そして2011年はどうなるのか。
BLOGOS FINANCE参加者をはじめいろいろな方が予想されておりますので、私も年頭の所感をごくごく簡単に。

ズバリ、 「弱気」です。

まずは少し前のロイター記事。
-----------------------------------------------------------------------
2010年 12月 22日   

日銀は22日、先進国から新興国へ流入した資本が米国など先進国に再度還流するフィードバック・ループが形成されつつあり、資本の流れが逆回転する可能性と注視する必要があるとの見解を、「日銀レビュー」として公表した。

 これによると、景気低迷と低金利の続く米国を中心とした先進国から成長力の高い新興国への資本流入は、新興国各国で通貨上昇圧力となり、新興国は為替介入で多額の外貨準備を積み上げている。外貨の運用先として米国債などが選ばれることが多く、米国の低金利に拍車をかけている面があるとして、先進国から新興国への資本流入を加速させる要因となっている可能性があると指摘している。


 米国など先進国の資金運用者からみると、新興国の為替レート上昇と株式上昇の双方から収益を上げることが可能な環境となっており、いったん資本の流れが逆回転する場合、「株価下落と為替相場下落が同時進行する可能性を示唆しており、十分な注意が必要」と警告している。

----------------------------------------------------------

(コメント)

皆様におかれましては、何を今さら・・・・・という話ではありますが、
日銀レビュー「新興国への資本流入と米国への還流について」をご覧ください。
7枚目の「図表16」が分りやすい。


図表16を見た時に、ホームエクイティーローンや円キャリー取引の仕組みを初めて聞いた時に感じたうすら寒さを覚えました。
「フィードバック・ループが逆回転したらどうなるのか、っていうか、いずれ逆回転するよね?」


そんな弱気派の気持ちを汲み取ったのか、米国マッキンゼーでは「安い資本へのお別れ?グローバル投資と貯蓄の長期的なシフト」と題した100ページものレポートを発行。(出所:日経Wall Street通信◇FRB議長が恐れる「世界的過剰貯蓄」の終わり
これによりますと、
・新興国は今後、貯蓄を自国のインフラ整備などへの投資に使わざるをえず、グローバル金融市場でのマネーの出し手としては期待しにくくなるという。

・結論は世界的な長期金利の上昇圧力にほかならない。新興国の投資加速は、世界の長期金利を平均1.5%押し上げるとも試算。金利が上昇し始める時期を「5年以内」とする一方、投資家が構造変化に気がつけば上昇の時期は早まる。投資に必要な資金の不足が表面化すれば「金利上昇は一気に進む可能性がある」と


こういう状況証拠と自分の直感が妙にフィットしまして、冒頭の弱気論につながっているってなワケです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。