記事

国立競技場問題の総括もないままに、しめやかに「バスケくじ」構想が発進

何なんでしょう、このクソ議連は。
バスケット議連が発足=川淵氏、国立アリーナを要望
http://news.biglobe.ne.jp/sports/1208/jj_151208_2561333428.html

 超党派の国会議員によるバスケットボール議員連盟設立総会が8日、参院議員会館で開かれた。競技の普及や振興を目的に有志の議員約80人が参加。日本バスケットボール協会の川淵三郎会長は議員を前にあいさつ。発足当時にチェアマンを務めたサッカーのJリーグを引き合いに「Jリーグの時はこんなことはなかった。バスケット界は成功すると思った」と述べ、「ぜひ(国立の)ナショナルアリーナをつくってほしい。力強い支援を賜りたい」と訴えた。

[…]議連会長を務める河村建夫自民党衆院議員は、スポーツ振興くじ(サッカーくじ、愛称toto)の対象競技をバスケットに広げる構想について、「そういう盛り上がりが出てくれば面白い」と述べた。
勿論、スポーツ競技としてのバスケットボールを推進していきましょうって話は別に宜しいと思うのですが、記事内後半に出てくる「スポーツ振興くじのバスケットボールへの拡大」に関しては大変申し訳ないですが、私としては見過ごすわけにはいかないワケです。

そして奇しくも、先週、かねてより懸案となっている国立競技場のコスト負担配分が国および東京都の間で合意に至りまして、1580億円と言われる現時点での開発コストの半分以上の827億円がtoto収益から拠出されることが決まったばかり。そして、このtoto収益から国立競技場開発へ拠出される資金は、2013年の日本スポーツ振興センター法の改正によって生まれた「特定業務勘定」と呼ばれる文教利権の温床であり、この毎年55億円のtoto利権の再配分を巡って起こったのが一連の国立競技場建て替え問題であったのだというのは、以前の私のエントリで述べたとおりであります。
参考1:
新国立競技場、「くじ」頼みの危うさ 不安定なtoto財源(日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H3V_V01C15A2CC0000/


参考2:
毎年55億円の流用で「焼け太る」国立競技場計画
http://blog.livedoor.jp/takashikiso_casino/archives/8908869.html
とはいえ、現行のサッカーくじ売上だけで国立競技場の建て替えコストを充当するには圧倒的に資金不足でありまして、その対応策としてかねてより検討が行われてきたのが、超党派で組成される「スポーツ議連」が主導した「スポーツ振興くじのプロ野球への拡大」でありました。ところがその構想も、法案提出間近というところで、皆様ご存じの読売巨人軍による野球賭博問題が発生し、社会的にもはや合意を得るのは難しいところまで行ってしまった。。そして、その代替案として俄かに浮上してきたのが、今回の「バスケットボールへの拡大構想」という流れであります。

で、今回発足したバスケ議連の会長に就任し、スポーツ振興くじのバスケへの拡大に対して「そういう盛り上がりが出てくれば面白い」などとコメントを行っております河村建夫衆議院議員の役職履歴を追ってみますと、
・2020年東京オリンピック・パラリンピック大会推進議員連盟会長代行
・スポーツ議員連盟副会長
・バスケットボール議連会長
と華々しい経歴をお持ちでありまして、オリ・パラ推進議連の会長代行という立場で国立競技場関連を含む国のオリンピック案件に睨みを利かせつつ、一方でスポーツ議連副会長としてtotoくじのプロ野球への拡大構想を主導し、それが失敗に終われば今度はバスケ議連の会長として「バスケくじ」構想を推進する、と。。賭博業界の専門研究者として一連の流れを傍観している私としましては、「文教族、エゲツネェな」の一言であります。

繰り返しになりますが、私としてましてはスポーツ競技としてのバスケットボールの振興に関しては全く異論はございませんし、もっといえばtotoくじの拡大そのものに関しても全く異議は御座いません。ただ一つ、申し上げたいのは、私が一連の国立競技場問題の発覚以来、ずっと申し上げてきた本問題の発端ともなったtotoくじ収益に組み込まれた利権構造の見直し、これだけはちゃんと整理をした上でtotoくじの拡大なり、その収益利用なりを検討して頂きたい。その一点だけであります。

バスケットボール議連の皆様には、是非、この点を真摯にご検討頂いた上で発展的な論議を行って頂きますよう心より申し上げます。以下、一連のtotoくじに関連する利権問題を扱った私の過去エントリを列挙いたしますのでご参考ください。
その1:「誰かさん」の面子の為に使われるtoto収益
その2:「国立競技場」なる複合観光施設開発の失敗について
その3:国立競技場問題:可動屋根は「採算が合う」は本当か?
その4:国立競技場問題: totoくじ収益の「目的外」利用
その5:新国立:必要なのは「デザイン」ではなく「機能」の見直し
その6:新国立問題:森喜朗氏のヒールっぷりには感動すら覚える
その7:国立競技場問題の原因究明:賭博研究者の視点
その8:毎年55億円の流用で「焼け太る」国立競技場計画
その9:国立問題、さらに「おかわり」を要求する文教族
その10:新国立競技場計画はどうあるべきか? 賭博研究者の視点
その11:「レガシー利用」を完全に履き違える人達

あわせて読みたい

「新国立競技場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  3. 3

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  4. 4

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  5. 5

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    ブラックな外食業界の歪んだ美学

    幻冬舎plus

  7. 7

    札幌開催へ IOCへの反発はやめよ

    早川忠孝

  8. 8

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

  9. 9

    張本氏の放言を許さぬ風潮に疑問

    中川 淳一郎

  10. 10

    自民党を助ける対案なき万年野党

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。