記事

中国は「独身者の国」に-家族中心社会に変化も

 中国は急速に「独身者の国」になりつつある。

 中国民政部(日本の厚労省に相当)のデータを引用した地元メディアの報道によると、世界最大の人口を抱える同国では独身成人の数が2億人近くに上り、全人口の14.6%を占めている。この割合は1990年の6%から急上昇しているという。

 中国で独身者が急増している背景には、離婚率の上昇や晩婚化、結婚しない傾向の強まりがあると、人口統計学者らは指摘する。結婚を先延ばしする人は単身、あるいは家族と同居して満ち足りたシングルライフを築き、そこから逃れられなくなるのだ。

 中国では、独身者の割合は他国を大きく下回っている。米労働統計局(BLS)によると、米国では昨年、全人口に占める独身者の割合が50.2%に達した。英国のイングランドとウエールズでは2011年時点で51%が独身だったという。

 他国と比べて中国の割合が低いのは、中国では若者が結婚の重圧にさらされていることが一因だ。年配世代は伝統を重んじ、家族の絆を大切にする傾向が顕著で、子どもや孫に「結婚しろ」とくどくど言い聞かせる。それがあまりにもしつこいため、多くの若者は家族からの重圧を避けるため休暇中に実家に帰らないという。また、政府も圧力をかけており、27歳以上の未婚女性を「売れ残り」と呼んでいる。

 中国政府が最近廃止した「一人っ子政策」も、男女比率の不均衡や高齢化を生み出すことで結婚に対するトレンドを変化させた。

 中国の膨大な人口を考慮すれば、14.6%という数字は米国の全人口の7割近くに当たり、大きな意味を持ってくる。そして独身者の増加は、人口統計学者が警告する中国の出生率低下と同じタイミングで起こっている。

 独身者の増大は中国でいくつかの新たなトレンドを引き起こしている。年収の高い人が浪費する「シングルエコノミー」と呼ばれる現象などがそうだ。また、海外で卵子を冷凍保存し、シングルマザーになるのを目指す女性の数が増えている。そしてもちろん、中国で壮大に行われる電子商取引のイベント「独身の日」は、世界でも最大規模のショッピングデーのひとつになっている。

 中国社会は儒教の伝統と法規制の両面から、一般的に結婚した夫婦が好まれる。このため多くの独身者が社会的な汚名に対抗するためオンライン上で徒党を組み、法律が偏っていると主張している。上海市や広東省広州市などの都市では、独身者による不動産購入が禁止されている。地元メディアによると、雇用主の中には昇格や賃上げで既婚者を優遇するところもあるという。

By aurie Burkitt

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    スガ首相「要請」を「メドが立った」とすり替える ワクチン確保のお寒い現実

    田中龍作

    04月20日 08:43

  2. 2

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  3. 3

    自民党内に“5月下旬に東京都に緊急事態宣言ならオリンピック開催は危うい”との見方も

    ABEMA TIMES

    04月20日 08:32

  4. 4

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  5. 5

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  6. 6

    ここで出しゃばる財務省?!雇用調整助成金のコロナ特例見直しは正しいけど、財務省から言い出すのは…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月20日 08:19

  7. 7

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  8. 8

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

  9. 9

    9月末までにワクチンのめどがついたのであれば根拠を示すべし

    大串博志

    04月20日 08:24

  10. 10

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。