記事
  • 祇園

FOMC議事録〜困難な意見集約

1/5
4月5日にFedは3月15日のFOMC議事録を公開した。以下は参加者の経済見通し(Participants' Views on Current Conditions and the Economic Outlook)以降の抄訳及びポイントである(全文はFedサイト "Minutes of the Federal Open Market Committee"参照)。

■参加者の経済全般の見方
In discussing intermeeting developments and their implications for the economic outlook, participants agreed that the information received since their previous meeting was broadly consistent with their expectations and suggested that the economic recovery was on a firmer footing. Looking through weather-related distortions in various indicators, measures of consumer spending, business investment, and employment showed continued expansion. Housing, however, remained depressed. Meeting participants took note of the significant decline in the unemployment rate over the past few months but observed that other indicators pointed to a more gradual improvement in overall labor market conditions. They continued to expect that economic growth would strengthen over coming quarters while remaining moderate. Participants noted that recent increases in the prices of oil and other commodities were putting upward pressure on headline inflation, but that measures of underlying inflation remained subdued. They anticipated that the effects on inflation of the recent run-up in commodity prices would prove transitory, in part because they saw longer-term inflation expectations remaining stable. Moreover, a number of participants expected that slack in resource utilization would continue to restrain increases in labor costs and prices. Nonetheless, participants observed that rapidly rising commodity prices posed upside risks to the stability of longer-term inflation expectations, and thus to the outlook for inflation, even as they posed downside risks to the outlook for growth in consumer spending and business investment. In addition, participants noted that unfolding events in the Middle East and North Africa, along with the recent earthquake, tsunami, and subsequent developments in Japan, had further increased uncertainty about the economic outlook.

会合期間中の進展及び経済見通しのインプリケーションの議論において、参加者は前回の会合以降に入手した情報は、メンバーの期待通りであったことや、経済回復が強固な基盤の上にあるという指摘について一致した。いくつかの指標における気象要因の歪みがみられるが、個人消費、企業投資、雇用の指標は拡大し続けている。しかしながら、住宅市場は低落したままである。会合の参加者はここ数カ月で失業率が大きく低下したものの、他の指標では全体の労働市場がよりゆるやかに改善していると認められるとの指摘があった。彼らは経済の拡大はここ数四半期で力強さが増すが、緩慢さも残るだろうと予測し続けている。参加者はオイルや他のコモディティ価格の直近の上昇がヘッドラインのインフレ率を押し上げているが、潜在的な基調インフレは抑制されていると指摘している。彼らは直近のコモディティ価格によるインフレの上振れは一時的なものであると予想しており、特に長期間のインフレ期待は安定したままであるとみている。さらに、数人の参加者は資源活用のスラック(緩み)は労働コストや価格を抑制し続けると予測している。しかしながら、複数の参加者は、消費支出や見通しのダウンサイドリスクがありながらも、コモディティ価格の急速な上昇は長期間のインフレ期待や、それゆえインフレ見通しの安定へのアップサイドリスクであると指摘した。さらに参加者は中東・北アフリカの事件の拡大や直近の日本における地震、津波、そしてそのさらなる進展は、経済見通しについてさらに不確実性が増していると指摘した。

■個人消費
Participants' judgment that the recovery was gaining traction reflected both the incoming economic indicators and information received from business contacts. Spending by households, which had picked up noticeably in the fourth quarter, rose further during the early part of 2011, with auto sales showing particular strength. Although some participants noted that growth in consumer spending so far this year had not been as vigorous as they had anticipated, they attributed the shortfall in part to unusually bad weather. While participants expected that household spending would continue to expand, the pace of expansion was uncertain. On the one hand, labor market conditions were improving, though gradually, and the temporary cut in payroll taxes was contributing to rising after-tax incomes. Some easing of credit conditions for households, particularly for auto loans, also appeared to be supporting growth in consumer spending. On the other hand, declining house prices remained a drag on household wealth and thus on consumer spending. In addition, sizable recent increases in oil and gasoline prices had reduced real incomes and weighed on consumer confidence. Business contacts in a variety of industries had expressed concern that consumers might pull back if gasoline prices rose significantly further and persisted at those elevated levels.

参加者は経済回復が入手できる指標やビジネスのコンタクトから受け取った情報の両面を反映していると判断した。家計による支出は、この4四半期で顕著に上昇しているが、2011年の序盤にはさらに上昇しており、特に自動車販売が強化しているように見える。しかし、複数の参加者は、消費支出の伸びはこれまでのところ彼らが予測したほど強力ではなく、非常に悪天候な中の落ち込みが寄与したと指摘した。参加者は家計の消費が拡大し続けると予測しているが、そのペースは不確実である。一方で、労働市場は徐々にではあるが改善し続けており、一時的な所得税減税は税引き後の収入の押上に貢献している。家計の信用状況のいくつか(特に自動車ローン)は緩和しており、消費支出をサポートしているようにみえる。一方で、住宅価格の下落は家計資産やそれゆえの個人消費を押し下げたままである。さらに、最近のオイルやガソリンか価格の上昇は、実質収入を減らし、消費者信頼感を圧迫している。ビジネスのコンタクトでは、様々な産業で、もしガソリン価格がさらに上昇し、高止まるのであれば、消費者が節約するのではないかとの懸念が表明された。

個人消費については、2月に天候要因で不安定になったものの、自動車販売などの拡大により堅調さが増しているとの判断となっている。その理由としては、所得減税や消費者の信用状況が緩和的になっているとのものだった。しかし、足元でガソリン価格や燃料価格が上昇してきていることから、消費者信頼感が低下すること、すなわち消費マインドの萎縮によって節約志向が強まることを懸念しているとのことだった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  2. 2

    石破氏が固執する奇異な憲法解釈

    篠田 英朗

  3. 3

    文氏「日本の指摘は重大な挑戦」

    ロイター

  4. 4

    自民議員「韓国は北朝鮮笑えぬ」

    城内実

  5. 5

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  6. 6

    米国に泣きつく韓国の告げ口外交

    WEDGE Infinity

  7. 7

    徴用工 三菱重工の資産現金化へ

    AbemaTIMES

  8. 8

    政策の違い比較したイラスト話題

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    ドトールがスタバに勝る食品の質

    内藤忍

  10. 10

    橋下氏がデキる部下の神対応称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。