記事

国防議連: 防衛生産・技術基盤を守れ!

12月4日(金)、佐藤が事務局長を務める、国防議員連盟が開催されました。

本日の議題は平成28年度防衛予算と平成27年度補正予算、シリア・イラク情勢です。

なお、今日の会合には防衛装備工業会からも参加を頂き、弾火薬部会長(ダイキン工業)弾火薬部会幹事(日本工機)という企業関係者の出席も得ることができました。

さて、まずは予算に関する議題について。

今日は最初に平成28年度予算における陸海空各自衛隊の予算の構造を確認しました。

例えば、陸上自衛隊。

オスプレイを米国から12機調達するため、「航空機」に関する予算は、対前年度比921億円の増額となっています。

一方、「弾薬」に関する予算は、対前年度比112億円の減額となっています。

実はここ数年、海外調達装備品が増えています。

特に平成27年度は対前年度比3,151億円、伸び率にして2.5倍。

実はこの点にこそ、深刻な問題が内在しています。

「海外調達装備品」は、その名のとおり、諸外国から調達する装備品です。

つまり、調達のための予算は、国内企業ではなく、海外企業に落ちることになります。

防衛予算の額が大幅に伸びない中、海外向けの予算が増えるということは、国内向けの予算が減るということです。

実際、陸上自衛隊の「弾薬購入費」は、平成26年度と平成28年度予算案を比べると、2年間で30%減少することが見込まれています。金額にして200億円です。

外国から“大きい物”を買うために、国内から“小さい物”を買う予算が大幅に減っているのです。

ここがポイントです。

実は弾薬業界は「分業生産体制」をとっており、最終組み立てを担う大手のプライム企業の下に部品や火薬類の製造を担う中小のベンダー企業が複数関係しています。

ベンダー企業の多くは、防衛事業に対する依存度が大きいいわゆる中小企業。

例えば、機関砲の弾薬の製造や爆薬の製造を担う「日本工機」の場合は約8割が防衛事業です。

2年間で30%もの予算が減らされるということは、こうした企業の経営に危機的かつ直接的な打撃を与えます。

現状、各企業は人員削減等の措置により固定費を削減し、収益改善に努めています。

しかし、こうした状況では熟練工の維持も厳しく、ましてや後進の育成などは手も回りません。先細る一方です。

分業生産体制をとっている以上ベンダー企業が一社でも撤退・倒産すると、“弾”そのものが製造できなくなるのです。

“弾”を自国で造ることもできずに、どのようにして、この国を守るのでしょうか。

こうした状況が続くことは何としても食い止めなければなりません。

今日の会合ではそうした危機感を参加して下さった先生方などと共有しました。

次にもう1つの議題であるシリア・イラク情勢。

現在、対IS包囲網は、米国主導とロシア主導の2陣営が微妙な協力関係の上に成り立っています。

アサド政権と距離を置く米国側陣営ではパリ同時多発テロ以降、フランスは原子力空母を派遣するなど、約3,500名を投入。

英国も空爆を開始しました。

ドイツも後方支援のため、軍艦や空中給油機など約1,200名の人員を派遣する予定です。

アサド政権に近いロシア側陣営はイランの軍事顧問団がイラクやシリアに合計2,800名派遣され、軍事訓練などの支援を行っています。

なおロシアは、11月16日以降、一日当たり143回もの空爆を行っています。

シリア・イラク情勢は、対テロ、対過激派という共通目的の下、各国の思惑や利害が渦巻く、複雑な様相を見せています。

国防議連では、今後も日本の防衛に絡む諸問題を深堀し、防衛政策の改善に向けて動いていきます。

佐藤正久

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。