記事

異常破裂したタカタ製エアバッグ部品、国交省が使用停止指示

[東京 4日 ロイター] - タカタ製エアバッグ部品のリコール(回収・無償修理)問題で、国土交通省は4日、タカタや国内自動車メーカーなどに対し、国内でエアバッグが異常破裂し、負傷事故も起こしたインフレーター(ガス発生装置)と呼ばれる部品の使用を段階的に停止することを指示した。被害の拡大を防ぐのが狙い。

問題の部品は、エアバッグを膨らませる火薬原料に硝酸アンモニウムを使ったインフレーター2種類。国内では2011年9月以降、走行中や廃車解体中に異常破裂が14件発生。今年10月に起きた追突事故では、助手席に乗っていた女性がけがをした。国内初となる負傷事故を受けて、新型車への使用の即中止を指示。リコール対象が国内だけでも約1171万台に上り、交換用部品の供給が追い付かないため、生産中の車は来年6月中、交換用部品は来年12月中の使用停止を命じた。

タカタ製エアバッグ部品の欠陥問題をめぐっては、米国で死者7人、負傷者約130人が出ている。米当局は、高温多湿に弱く異常破裂を引き起こす恐れのある硝酸アンモニウムを使用したインフレーターの受注中止を強くタカタに要請し、同社はこれに合意した。また、特に乾燥剤が含まれていないインフレーターは異常破裂する可能性が高いとして、18年末までに生産を段階的に中止する。すでに国内の主要自動車メーカーは、米当局の指令を踏まえ、硝酸アンモニウムのインフレーターを使わない方針を打ち出している。

*内容を追加して再送します。

(白木真紀)

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  2. 2

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  3. 3

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  4. 4

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  5. 5

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    上司無視…モンスター部下の実態

    PRESIDENT Online

  8. 8

    コロナ死者数に含まれる別の死因

    青山まさゆき

  9. 9

    日本特有文化ではないひきこもり

    幻冬舎plus

  10. 10

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。