記事

イマーム・フセインのアルバイ―ン慰霊祭

毎年イラクのカルバラには、シーア派のイマーム・フセイン(カリフ・アリの孫で、カリフ位奪還のために、680年に立ち上がったが、カルバラで当時のカリフの軍勢に殺害された)の死を悼むために多数のシーア派信者が集まりますが(昨年は1700万人だった由)、al qods al arabi net は本年はそのアルバイ―ンの日の3日に、約2000万人が集まったと報じています。

そのうち500万人はイラク外からの参集者で、その大部分はイラン人の由。たしか、イランからはあまりに多くの人が国境に押し寄せ、イランとイラクの問題となり、イラクは一時その検問所を閉鎖したことがあったと伝えられていました。

この膨大な信者の安全を守るためにイラク当局は、バグダッドからカルバラにかけて、厳重な警備体制を敷き、3万人の警官等が警備に当たり、これまで大きな混乱や不祥事は生じなかったとのことです。

なお、上空からはイランの偵察機も警戒に当たった由。

http://www.alquds.co.uk/?p=444949

確か昨年までは、この一大行事に乗じて、IS等がテロ行うことが懸念されていたかと思いますが、今年は報道を見る限り、余りそのような危惧もなかったように思われます。

それが事実とすれば、バグダッドからカルバラ周辺の治安が大幅に改善されたと言うことでしょうか?どうも、ラマディ奪還作戦がどうなったはっきりしたことが判らず、また、特にバスラ等イラクの南部でも治安(一般治安の方かと思うが)の悪化が伝えられていただけに、一般的な印象として、バグダッド周辺の治安もあまり改善されていないと思っていたのですが・・・

たしかに、最近ではバグダッドや周辺で、若干前なら連日、何処でテロ、何処で何人死傷などという記事が出ていたのが、ぱたりと止まっていました。

矢張り、オバマの言う通り、ISはイラクでもcontain されたのでしょうか?

もう一つ印象深いのは、カルバラの治安の警戒のためにイラン偵察機が上空から監視していたと言うことで、矢張りイランとイラクの一体化、とまで言って良いかどうか知りませんが、緊密化が進んでいる感じがします。

あわせて読みたい

「イラク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  6. 6

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。