記事

しっくりこない流行語大賞

早いもので今年も残すところあとわずかになりました。

街頭演説もウルトラライトダウン着用となりました。

こんにちは、静岡8区のげんまけんたろうです。


年末といえば恒例のユーキャン新語・流行語大賞が発表されました。

「トリプルスリー」と「爆買い」が大賞を受賞。

さまざまいわれていますね。

確かにトリプルスリーはすごいことだけど、これって流行語なの?となんだか違和感たっぷりです。なるほど感をこれだけ生み出せないこの流行語大賞もそろそろ潮時なんではないでしょうか。

「現代用語の基礎知識」の読者アンケートでノミネートが決まるようですが、ここでもうずいぶん偏りが生じます。今年ノミネートされた「アベ政治を許さない」とか「存立危機事態」「駆けつけ警護」「早く質問しろよ」「国民の理解が・・・」などという、ちょっと恣意的なラインアップからして今年は例年以上に引かれ気味でした。

流行語大賞は世相を表すといいます。確かに過去の大賞を見ると、「あ、これね」となんとなくその当時を思い出すものもありますが、その年自体を思い出すんではなくて、その言葉を「あ、何年前だったんだね」と想い出す程度です。今年の流行語は将来振り返ってみて果たしてどうでしょうか。

ビッグデータも一般的になりましたので、Googleなどが今年の検索ワードを機械的に出してくれたほうがはるかに納得できるかもしれません。

ちなみに、流行語大賞とGoogleの結果の違いはこうなっていました。

▼2015ユーキャン新語・流行語大賞
「爆買い」(大賞)、「トリプルスリー」(大賞)、「アベ政治を許さない」、「安心して下さい、穿いてますよ。」、「一億総活躍社会」、「エンブレム」、「五郎丸(ポーズ)」、「SEALDs」、「ドローン」、「まいにち、修造!」

▼Google検索による流行語ランキング(ランキング上位順)
「マイナンバー」(大賞)、「ラッスンゴレライ」、「エンブレム」、「ドローン」、「北陸新幹線」、「あったかいんだから」、「大阪都構想」、「火花」、「おにぎらず」、「モラハラ」

それでは、また。

あわせて読みたい

「流行語大賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サイゼ人気商品「消えた」の真相

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    「共産市長NO」巡る立民の不誠実

    田中龍作

  3. 3

    代案示さぬ野党の政権奪取はない

    北尾吉孝

  4. 4

    「肺炎拡大の覚悟を」医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    日本がマスク支援 中国で大反響

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    マスクの予防効果は疑問だらけ

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  7. 7

    唐田えりか綴っていた不倫の葛藤

    文春オンライン

  8. 8

    募ると募集 詭弁重ねる安倍首相

    常見陽平

  9. 9

    蓮舫氏 世耕氏のツイート不適切

    立憲民主党

  10. 10

    令和のキャッツ・アイ AV出演も

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。