記事

最高裁、裁判員制度をやめますか?

先月11/27(金)、東京高裁は、オウム真理教の元信者菊地直子被告人に、無罪判決を言い渡しました。

一審の東京地裁で裁判員裁判が下した懲役5年の有罪判決を覆すものです。

この裁判の当事者の立場で証拠を見ているわけではありませんので、一審と高裁のどちらの判断が正しいかについてコメントすることはできません。

ただ、これだけは言えます。

それは、選挙の際の一票と違って、裁判員としての一票は、国のシステムの一つである裁判の結果に、リアルタイムに反映されるということ。

裁判員のやりがいには、大きなものがあります。

また、裁判員裁判は、法律的な難しい判断を市民に求めるわけではなく、むしろ、市民の素朴な感覚で、犯罪の事実を認定し、市民の常識にかなう、よりよい裁判を実現しようという趣旨で導入されたこと。

だからこそ、仕事・行事・家事など、市民の時間を犠牲にした制度が実現できているのだと思います。

今回の高裁判決のように、裁判員の判断が簡単に覆されてしまうようでは、こうした裁判員裁判の制度を台無しにする恐れがあります。

高裁判決で、教団の元幹部の井上嘉浩死刑囚の証言は、詳細すぎて逆に信用できない、とされたようですが、既に死刑が確定している彼が、あえて菊地被告人について殊更に悪く言う心理は通常ないように思われます。

また、そもそも、人間の記憶というのは、不思議なもので、何年経とうと、ある場面のシーンをいつまでも覚えている、ということがあるのを私は知っています。

これまで、私は長らく刑事裁判に携わり、今、まさにL字路交差点に立っています。

そこに立つ者として、まずは、「最高裁、裁判員制度をやめますか?」と逆説的な問いを投げかけつつ、今後の裁判員制度の充実・発展に向けて邁進したいと思っております。

あわせて読みたい

「裁判員制度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日新聞記者の脅迫的取材 毎日新聞はジャーナリズムとは認められない

    和田政宗

    12月08日 12:52

  2. 2

    日大・田中英寿前理事長の逮捕で “ドンの宿敵” が権力闘争宣言!「彼は最低の人間」

    SmartFLASH

    12月08日 09:09

  3. 3

    今世紀中に追いつくことは不可能…日本のドラマが韓国ドラマに大きく差をつけられたワケ

    PRESIDENT Online

    12月08日 15:36

  4. 4

    日本人が大好きな「両論併記」によって致命的な戦争が決定された――日米開戦80年目の真実 - フォーサイト編集部

    新潮社フォーサイト

    12月08日 09:47

  5. 5

    ひろゆき氏、幼児教育に懐疑論「民間療法みたいなもの。やりたい人がやればいい」

    ABEMA TIMES

    12月08日 13:21

  6. 6

    大阪万博は「カジノ有りき」だが、それで正当化を狙ったものではない

    木曽崇

    12月08日 14:24

  7. 7

    【追悼 川柳川柳師匠】軍歌を歌い続け「戦争体験」を伝え続けたオンリーワンの落語家

    松田健次

    12月08日 09:00

  8. 8

    新卒の「大企業へ就職」は負け? 発展性の乏しい大企業で何を学ぶかが大事

    川北英隆

    12月08日 09:41

  9. 9

    前澤友作さんら搭乗のソユーズロケットが打ち上げ

    ABEMA TIMES

    12月08日 17:17

  10. 10

    食事やワインの味わいの「8割は気分」

    内藤忍

    12月08日 11:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。