記事

辺野古にきた警視庁機動隊員――国費でリゾート宿泊

リンク先を見る

名護市にある(株)カヌチャリゾート。白石武治会長、武博社長らは仲井眞弘多前沖縄県知事と昵懇だ。(撮影/尾崎孝史)

沖縄・名護市辺野古の新基地建設をめぐり、米軍キャンプ・シュワブゲート前での警備活動に投入された警視庁機動隊員の旅費など、派遣に必要な経費は国庫から支払われることが明らかになった。国家公務員等の旅費に関する法律により、警視庁機動隊員には日当も支給される。福島みずほ参議院議員(社民)の問い合わせに11月16日、警察庁警備局が答えた。警視庁からの派遣については、沖縄県公安委員会が東京都公安委員会に援助の要請をしたとしているが、日本政府の関与が経費面で明確になったことで新基地建設反対派の反発が高まりそうだ。

警視庁機動隊員の宿泊先について警察庁警備局は回答を拒否しているが、多くの目撃情報や関係者の証言によると、同ゲート前から約10キロの「カヌチャリゾート」。同リゾートのホームページによると、朝夕食付きの場合、大人一人一泊が最低2万5800円する高級リゾートだ。ただ、警察庁警備局は宿泊費について、一泊一人あたり7800円(消費税込み)としている。

沖縄在住のノンフィクションライター、渡瀬夏彦さんはこう憤る。

「格安料金ならいいという話ではありません。警視庁機動隊員は、沖縄戦の知識や座り込むおじぃおばぁへの思いやりがなく、県警よりも暴力的です。しかも朝、ゲート前座り込みの“排除”などの任務を1~2時間こなした後、帰ることが多い。あとは高級リゾートでのんびりしているのでしょうか。警視庁機動隊員への反発が、日本政府への怒りをさらに増幅させています」

福島みずほ参議院議員は「安倍晋三首相は、沖縄の声を聞くと言いながら、翁長雄志沖縄県知事の公有水面埋立承認取消通知書すら読んでいないと私に答弁した。警視庁機動隊の投入に政府の意向が働いていることは明白。暴力的なやり口は許せない」と話している。

(伊田浩之・編集部、11月20日号)

あわせて読みたい

「普天間基地移設問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。