記事

12月米利上げに説得力、覆すには劇的な見通し変更必要=連銀総裁

[ワシントン 2日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のロックハート総裁は、今月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ決定には説得力があり、これを覆すには今後2週間の経済指標が景気見通しを「劇的に」変える必要があるとの認識を示した。講演で述べた。

今月の会合は約10年ぶりの利上げを決める「歴史的な」ものになる可能性があるとした。

5%に低下した失業率や景気回復の継続、インフレ率が目標の2%に向かうとの予想を踏まえれば、「経済見通しを劇的に変える情報がない中で、利上げには説得力がある」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  6. 6

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  7. 7

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  10. 10

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。