記事

ストリーミング時代がもたらすTVの権利争い

 有料ケーブルテレビ(CATV)チャンネルの「ショータイム」は今年7月、ストリーミング(動画配信)サービスのフールーを通じ、テロ対策部隊を描いた人気ドラマ「ホームランド」の過去のシーズン(番組シリーズ)の提供を始めた。すると、このドラマのクリエーターやプロデューサーたちが警戒感をあらわにした。

 関係者によると、同番組の製作責任者のアレックス・ガンサ氏とハワード・ゴードン氏、製作会社の20世紀フォックスは、ショータイムの同契約により、自分たちの利益が侵食されるのを懸念した。彼らは、ショータイムがフールー・チャンネルに番組を提供することで得る収入の分け前をもらうわけではない。しかし、番組の古いエピソードがネットフリックスのようなストリーミングサービスに売却される時、制作者には金銭的な利害関係がある。そこで、番組が既にかなり広く配信されていた場合、それほど高い金額が払われない可能性が出てくるからだ。

 それでもなお、ショータイムに近い人物によれば、ショータイムは「ホームランド」が過去のシーズンを欲しがる熱心な買い手を引き寄せるだろうとみており、フールーとの契約が番組の価値を落とさないと考えている。だが他方の側(つまり製作責任者や製作会社)は違った見方をしている。ガンサ氏とゴードン氏に近い人物は、「われわれには、このやり方はうまくいかない。この番組は、このようなモデルでは決して収益を上げられないだろう」と話している。

 「ホームランド」をめぐる現行のこうした論争は、ハリウッドに生じている多くの対立の1つだ。テレビ業界を取り巻く利害関係者、つまり番組の製作費を出す製作会社、それを放映するネットワーク(テレビ局)、そして、その製作に携わったり、それに出演したりするタレントといったさまざまな利害関係者が、台頭しつつあるオンデマンド・テレビの世界で、それぞれ自らの利益を守ろうとして必死なのだ。

 USA、TNT、CBS、FX、そしてショータイムといったテレビ局は、視聴者に番組をフォローし続けてもらいたいとますます考えるようになっている。現行シーズン放映中の全エピソードのみならず、ストリーミング用アプリやCATVのオンデマンドサービスを通じて、過去のシーズンに放映されたエピソードも提供することで、番組をフォローし続けてもらいたいのだ。これらのテレビ局は、初回放送の権利を取得する際に現行シーズンの全エピソードを要求し、その全製作費の3分の2ほどを支払うことがしばしばだ。一部には、番組を更新する場合、このような権利を得ることを条件とする場合もある。例えばタイム・ワーナー傘下のTNTは、犯罪ドラマ「レジェンズ」の第2シーズンの製作を認めた際、まさにこれを行った。

 これは、直近のエピソード数話のみをローリングベース(循環方式)で提供するという従来のアプローチとは対照的だ。

 この新しいアプローチは、エピソードの「スタッキング(積み上げ)」と呼ばれる。その狙いは、より細分化されて競争が激化するテレビ界において、視聴者層を積み上げ方式で構築し、視聴率の上昇と広告収入の増加を促すことだ。

 しかし、番組製作会社やタレントにとっては、番組を再放送する権利ができるだけ高い金額で売れた方が儲けとなる。このため、テレビ局がこのような「金鉱」を脅かすのではないかという懸念が彼らにはある。

 プロデューサーは番組について1エピソードごとに給料を得るが、大手テレビ局の潜在的な富は、こうした「シンジケート」取引にある。

 ハリウッド関係者によれば、ネットフリックスは、テレビ局がオンデマンドで全てのシーズンの番組を入手可能にしたら、ストリーミング再送の手数料を約30%程度差し引くと製作会社に通告したという。

 タレント事務所WMEのテレビ担当責任者リック・ローゼン氏は、番組の過去のエピソードを「スタッキング」する慣行について、「番組の価値に『何の影響ももたらさない』という人たちがいる一方で、アルマゲドンだと言っている人たちもいる」と述べている。

By SHALINI RAMACHANDRAN

あわせて読みたい

「テレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏の低賃金めぐる解説が秀逸

    かさこ

  2. 2

    札幌開催 小池知事の発言に呆れ

    鈴木宗男

  3. 3

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 政治家のダム批判に指摘

    橋下徹

  5. 5

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  6. 6

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  7. 7

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    人間を殺す道具を自慢する中国

    文化通信特報版

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    政府が衝突した北漁船の映像公開

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。