記事

世界のCO2排出やいかに?

一昨日、国際エネルギー機関 (IEA) から、Key World Energy Statistics 2011 が公表されています。統計の主たる項目はまだ2009年で、リーマン・ショック直後の世界経済の Great Recession を反映して、エネルギー消費は減少に転じた旨が報告されています。エネルギー消費とともにCO2排出も減少しています。今夜はエネルギーではなく、このCO2排出に着目して、リポートの pp.48-57 Selected Indicators for 2009 のデータを基に、いくつかグラフを示しつつ簡単に統計を見ておきたいと思います。

画像を見る

まず、国別のCO2排出量ですが、上のグラフに見る通り、米国を軽く上回って中国が3年連続で最大のCO2排出国となりました。上のグラフの単位は2009年における百万トンで、世界全体の2009年におけるCO2排出は28,999百万トンに上っています。リーマン・ショック後の景気の落ち込みが小さかったという見方も出来ますが、実は、中国をはじめとする新興国・途上国はエネルギー原単位がかなり悪いという事実もあります。以下のグラフの通りです。

画像を見る

上のグラフは最初の円グラフの諸国に、先進国の代表としてのOECD平均と新興国・途上国の代表としてアジア諸国平均を加えて、2000年価格の米ドル1000ドルのGDPを産出する際に発生するCO2排出をキログラム単位で棒グラフにプロットしています。水平な赤い横線は世界平均であり0.73です。製造業の比率などの産業構造に依存する部分が大きいんですが、中国のCO2排出のGDP原単位がかなり大きいことが見て取れます。産業構造の違いを無視すれば、GDP当たりのCO2排出は中国は日本の10倍近いことになります。逆から見れば、日本にはCO2排出を抑制する工学的及び経済学的な技術があり、何らかの比較優位構造に育て上げる可能性が示唆されていると考えられます。

典型的な逆U字型の環境クズネッツ曲線の議論ですが、産業構造の違いは考慮する必要はあるものの、日本のCO2排出のGDP原単位は米国やドイツと比較しても大幅に低く、大きな比較優位を持っている可能性を見逃すべきではありません。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  4. 4

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  5. 5

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  6. 6

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  7. 7

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  8. 8

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  9. 9

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  10. 10

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。