記事

相続した株式の売却益への課税

相続において株式への課税はなかなか厳しい。長期保有を前提としていない課税体系のようである。父親と母親の遺産を相続し、その課税がどうなっているのか調べたところ、以上のように結論した。

相続した株式の時価は、当然、相続した財産額に含まれる。他の財産と合算し、相続人の数や状況を勘案し、相続額が一定額以上なら相続税を払わないといけない。

ところで、父親と母親は家を継いだわけではないので、相続財産となる不動産は多くない。一方、有価証券がある。

今年から相続税が厳しくなったことと、株価の値上がりもあり、父親の時よりも母親の相続税の金額が増えてしまった。そこで思ったのは、相続した株式をいずれ売却したとして、その時に払わないといけない所得税をどう計算するのかである。

基本は、普通の故人が株式に投資したのと同じである。つまり、相続税が考慮されない。相続税を払っただけ損ということになる。相続は棚からボタモチの類だから、そのボタモチ税をいただこう、しかも、そもそもボタモチを売った時の税は当然という発想である。

これに対して誰かに「ええっ」と言われたのだろうか。その相続財産を「相続税の申告期限の翌日以後3年を経過する日までに」譲渡した場合には、相続税の支払い額を考慮し、譲渡益から引いてくれるようだ。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3267.htm

とはいえ、期限は3年でしかない。とっとと売らないといけない。「なんちゅう、長期投資を無視した時代錯誤的な規定なのか」と思う。税務署としての記憶力は3年というわけなのだろうか。

あわせて読みたい

「相続税」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。