記事

9.11直後出版の『戦争論2』を再読せよ!

さきほど『戦争論2』を読んでみた。
2001年の9・11同時多発テロの直後に序章を描いて、なんと年内の11月15日に発売した単行本だ。
恐るべきスピードである。
あの時の幻冬舎は頑張っていたんだな。
そういえば当時のわしの秘書が印刷所に行って徹夜で校正を手伝っていたということもあった。

ところがこの本が出版された記念として行われた保守派のシンポジウムでは、会場からヤジと怒号が押し寄せて、自称保守派とネトウヨからも大バッシングとなり、そして自称保守&ネトウヨは「アンチ・小林よしのり」と化してしまった。

雑誌「正論」でも「諸君!」でも、ネトウヨの意見を転載する形で、「『ゴー宣』は終わった」という記事を作っていた。

自称保守派はアメリカ支持で、「対テロ戦争」の名目で、アフガン・イラク戦争に突き進むことを絶大に支持し、称賛したのである。

その一人が中西輝政だが、週刊文春も週刊新潮も、この中西輝政のコメントを未だに有難がって使っている。
本来、アフガン・イラク戦争のウルトラ大失敗によって、腹を斬るか、言論活動を止めなければならない人物である。

イラク戦争がイスラム国を生み出した!
これを否定することは出来ない!

『戦争論2』では、序章でイスラム原理主義によるテロの原因を描いているが、これが今見てもパーフェクト!
9.11直後に一気に描き上げたのに、今でも通用する分析となっており、超名作と言える一本である!
我ながら神が降りて来ていたのだろう。

現在のパリ同時多発テロはイスラム国の仕業だが、アルカイダのときと根本原因は変わっていない。

誰もがあらためて『戦争論2』を読むべきだろう!
2001年の段階で、わしをバッシングしていた者たちも、あの頃から少しは知能が進歩したのなら、今度はじっくり再読してみるがいい。
小林よしのりが完璧に正しくて、あの時点で現在に繋がる「対テロ戦争」を洞察していたということが分かるはずだ。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「米同時テロ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  2. 2

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  3. 3

    ブルーライトカット眼鏡への意見書を出した学会に聞く「結局使うべきではないのか」

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:14

  4. 4

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  5. 5

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  6. 6

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  7. 7

    東京中心・東京目線のコロナ対策 石破茂氏「意図的にすら思える」

    石破茂

    04月16日 18:54

  8. 8

    「なぜ受験勉強をしなければいけないか」橋下徹が出した納得の理由

    PRESIDENT Online

    04月16日 16:05

  9. 9

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  10. 10

    関係者からは「何を言っているんだろう」波紋を呼ぶ二階氏“五輪中止も選択肢”発言

    ABEMA TIMES

    04月16日 22:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。