記事

VW「技術改善想定ほど複雑でない」、不正対応の引当額は維持

[ヴォルフスブルク(ドイツ) 25日 ロイター] - 独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>は、排ガス不正対象車の技術的な改善策は想定より複雑ではないことが判明したが、問題に絡む引当金67億ユーロ(71億ドル)を減らすことはないとの見解を示した。

広報担当は、不正に絡むコストが総額でどの程度まで膨らむが分からない状況下で、引き当て額を変更する理由はないと説明した。

欧州の不正対象車850万台のうち、VWは820万台を占める排気量1.6リットル、および2リットルエンジン車両のリコール(回収・無償修理)計画を、ドイツ連邦自動車庁(KBA)に提出した。

ミュラー最高経営責任者(CEO)は23日、欧州でのリコールについて、技術的にも財務的にも管理可能との見解を示していた。

VWは1.6リットルの「EA189」ディーゼルエンジンを搭載している300万台の車両については、欧州連合(EU)の排出基準を満たすためにフィルター材の近くにメッシュを挿入するだけで済み、こうした作業は1時間程度で終了するとしている。

ただ、エアフロートランスフォーマーの設置コストを試算することは現時点では時期尚早とした。このほか、1.2リットルと2リットルエンジンを含む欧州の不正対象車850万台のすべてでソフトウエアの改良が必要となる。

ミュラーCEOは、エンジンに対する根本的な対応が必要になるとの当初の想定は現実のものにはならなかったとしている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  5. 5

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  7. 7

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  10. 10

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。