記事

党員が3万5000人もいる政党の代表選にはそれなりの意義がある

維新の名にふさわしいかは疑問だが、党員が今でも3万5000人もいる政党だということになると、仇や疎かには出来ない。

よくぞ3万5000人もの党員を集めることが出来たものだと感心している。
その内の何人が本当に投票をするのか分からないが、3万5000人もの党費を払ってくれる党員を抱えている政党など滅多にない。
政権政党であれば様々な利益集団の人たちが党員になってくれるようなこともあるだろうが、政策や理念だけでこれだけの人が集まってくれているというのなら、実に見事なものだと言っていいだろう。

私などは5人の同志を見つけるのにも汲々としている。
2人や3人は集まるのだが、その先が実に難しい。
自分の利益になることだったら比較的簡単に集まってくれるが、利益になるのかならないのかが分からず、結局は時間の無駄に終わってしまうかもしれないことだったら、いくら能書きを並べても簡単には人は飛びつかない。

代表選挙の投票が出来るというだけで党費を払い込んで党員になってくれた人たちの心意気を買うべきだろう。
維新の創業者の橋下氏がいなくなってからも3万5000人もの党員が残っているのだとしたら、維新の党は立派な政治集団である。

物は考えようで、この3万5000人の人たちが一致結束して政治行動を起こすのであれば、おおさか維新の会とは別の形で維新の道を歩むことも出来る。

私の旧友の小野次郎氏が維新の党の代表選挙に立候補して全国行脚を始めたようである。

これはこれで面白い。
どこへ行くのか迷走気味の民主党よりは、遥かに面白い。

出来れば、小野次郎氏に勝ってもらいたい。

最近トレードマークにしていた黄色い眼鏡を外しての選挙戦を展開しているようだが、黄色い眼鏡を掛けるぐらいの茶目っ気があるのがいい。
真面目で茶目っ気があって、しかも実務能力が高い、ということになると、自然に慕って来る若い人が多くなるはずだ。

どうせやるなら、思いっ切り楽しくやることである。

あわせて読みたい

「維新の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。