記事

白井日銀委員、物価2%「16年度末から17年度初め」

[松江市 25日 ロイター] - 日銀の白井さゆり審議委員は25日、島根県の松江市で講演し、消費者物価が目標の2%程度に近づくのは2016年度末から17年度初めとし、日銀の中心的な見通しよりも慎重な見解を示した。足元の物価低迷はエネルギー下落に伴う一時的なものとし、現時点で金融政策対応を要するものではないと語った。

日銀は10月30日に公表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で原油価格の下落などを背景に経済・物価見通しを下方修正するとともに、目安とする生鮮食品を除いた消費者物価(コアCPI)が2%に達する時期を「2016年度後半ごろ」に先送りした。

白井委員はこれまでも政策委員の中心的な見通しに比べて慎重な見方を示していたが、さらに自身の見通しを「幾分下方修正」したと指摘。コアCPIが2%に「近づく時期」を「2016年度末から2017年度初めごろ」に1四半期ほど後ずれさせたと語った。

そのうえで、物価見通しのリスクについて「予想物価上昇率が着実に上昇していくには予想以上に時間がかかるリスクもある」とし、「全体として下方に傾いている」との見解を示した。

もっとも、足元のコアCPIがゼロ%程度に低迷しているのはエネルギー価格の下落が要因で、「一時的なもの」と認識。エネルギー関連以外の幅広い品目で物価が上昇しており、「デフレに逆戻りするリスクは低い」と語った。

このところ弱い指標も目立ち始めた予想物価上昇率についても、需給ギャップの改善に伴って「2016年初めごろから物価上昇の伸び率が高まっていけば、持続的な上昇に転じていく」との見方を示した。

先行きも、名目賃金の上昇や需給ギャップの改善によって「物価上昇がより持続性を増していく可能性がある」とし、足元の物価低迷でも「現時点では金融政策による対応を要するものではない」と主張。金融政策運営は「現在の金融緩和的な環境の下で、先行きの物価が上昇傾向を示すのか注視する段階にある」との認識を示した。

一方、「想定した通りの物価上昇パスがまったく見られない場合」の対応として、「金融政策による調整を検討するのがよい」と語った。

*写真を差し替えて再送しました。

(伊藤純夫)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  4. 4

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  5. 5

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

  10. 10

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。