記事

バディスポーツ幼児園の真価「勝つ」と「克つ」 決して公平でないこの世を生き抜く力 - 桂木麻也 (インベストメントバンカー)

「何だよ、揃いのTシャツなんか着てさ。気合い入り過ぎなんじゃないの?」

 バディスポーツ幼児園、4年前の運動会。その時、息子が年少々(年少より1年小さい年次)に在園していた私にとって、初めてのバディの運動会であったが、揃いのTシャツを着て子供達を、そして自らが参加する父母リレーを応援する年長クラスの保護者の姿が、あまりにも熱が入りすぎて少し異様に見えた事を今でも鮮明に覚えている。それから4年。息子も年長に成長し、今日は晴れの運動会。そしてそこには年長クラスの父母で揃えたTシャツに身を包み、子供をそして父母リレーに参加する仲間に声をからして応援する自分の姿があった……。

 こんにちは。桂木麻也です。

 M&Aのアドバイザリーファームに勤務のかたわら、月刊WEDGEで「The BIG DEAL 激白!投資銀行」というコラムを書いているが、今日は趣向を変えて子供の教育論について考えてみたい。

画像を見る
運動会開会式

かけっこで順位をつけることはダメなのか?

 さて唐突だが、皆さんは幼稚園の運動会でかけっこの順位をつけることに賛成だろうか、それとも反対だろうか。

 反対派の主たる主張はこういうものだ。

 「走るのが遅い子が、親や友達の前で明確に順位をつけられるのが酷である。もっと大きくなれば、勉強ができる子、ピアノが上手な子、という風に個人の能力の発揮の場がある。ただし幼稚園では、勉強や習い事の習熟度が低く、才能を発揮するにはまだ早い。ただし、かけっこだけは明確にその差異がつくものであり、それが得意な子だけが晴れの舞台で評価されるのは不公平である。運動ができない子の気持ちを考え、幼い子供の心に傷をつけないように大人は配慮すべきである」

 実際、運動会でかけっこをしない幼稚園があると聞く。かけっこをしても、スタートからある距離までは各自全力で走るが、いったん止まり、そこでみんなで手をつないでゴールさせるという方式を採っている園もあると聞いたことがある。このような幼児への「配慮」は本当に大人としてすべきことなのだろうか?

 私が他の父母達と揃いの応援Tシャツを着て臨んだ運動会。バディスポーツ幼児園における最大のイベントの1つだ。バディは35年前に世田谷区上北沢に園児4人、職員4人で産声を上げたスポーツ教育を柱にした幼稚園である。

 10月6日のフジテレビ「バイキング」や11月6日の日テレ「ミヤネ屋」などで相次いで紹介されたのでご覧になった方も多いであろう。メディアで相次いで取り上げられるほどに注目を集めているのはなぜであろうか。

 メディアが絶賛するのは、なんと言っても園児達の運動能力の高さ。テレビの放送でも、器械体操やランニングで幼稚園児離れした運動能力をもつ子供達が紹介されている。OB・OGもそうそうたるメンバーいる。公務員マラソンランナーの川内優輝氏、サッカー日本代表でブンデスリーガ・マインツ所属の武藤喜紀氏、同じく日本代表でFC東京所属の丸山祐市氏、なでしこ日本代表の村松智子氏、女子フットサル日本代表の横山純子氏などなど。また、NHKの連続テレビ小説『まれ』でおなじみの土屋太鳳氏もバディ出身で、まさにバラエティ豊かなタレントを輩出している。

 加えて、有名大学への進学率も高いことから、文武両道としてバディの人気は年を追う毎に高くなり、設立35周年の世田谷校に加え、横浜校(設立15年目)、江東校(同13年目)、豊洲校(同6年目)、八王子東校(同8年目)、はるひ野校(同9年目)、長津田校(同7年目)など、東京・横浜に7校、園児数約2000人を擁するまでに成長した。

 実際、バディでは通年で様々なスポーツを学ぶ。陸上、サッカー、ポートボール(バスケット)、器械体操、スイミング、スキー、スケート。陸に、水に、雪山に、そして個人競技にチーム競技にと子供達は様々な特性を持つスポーツを学んでいく。また通年授業の他に、サマーキャンプ、運動会、スキー合宿という大きなイベントが年に3回ある。

 スキー合宿はその名の通り2泊3日のスキー合宿である。年少の冬から始まる。親がスキーをやらないような家では、バディの合宿で初めてスキーを経験することになる。重いスキーを履いて身動きが取れない辛さと、いったん斜面に立てばスピードが出てコントロールできない恐怖から号泣する子が多い。しかし最終日には年少のほとんどの年少の全員が滑ることができるようになる。年中ではフォームを磨き、年長では園対抗のレースを行うまでになる。

サマーキャンプは、やはり2泊3日の日程で山中湖にて行う。年少々の子供達は2歳か3歳。初めて親と離れて友達と寝食を共にする経験をする。入浴も、着替えも、就寝も、トイレも全部一人でこなすことになる。年少、年中も山中湖周りでのハイキングなどイベント盛りだくさんだ。だが、圧倒的にすごいのは年長のプログラムだ。初日は富士山の風穴洞という洞窟の探検。夏でも氷が残りアップダウンの激しい洞窟を約1時間かけて探検する。その様は、野生児を超えて探検家そのものだ。探検が終われば近くの石割神社に向かう。石割神社は石割山の中腹に位置し、境内に行くには400段の石段を上らねばならない。これを一気に駆け上がるレースを行うのだ。翌日は1チーム15人のメンバーで、全園対抗の駅伝リレーを行う。山中湖の周りにコースを造り、短い子で600メートル、長い子で1200メートルの距離を自分のタスキをチームメイトに渡すために懸命に走る。

 最終日は富士登山だ。5合目から7合目まで登山する。6合目から7合目は距離が長い。登山道には上りやすいように階段が配置してあるが、段によっては大人の膝ぐらいまでの高さがある。幼稚園児の腰に近い位置である。全身を使って喘ぎながら上っていく。登り3時間、下り2時間の行程で、サマーキャンプのクライマックスである。

画像を見る
大人も固唾を呑むスタート前

真剣勝負だからこそ得られるものがある

 そして運動会。かけっこは生まれ月毎に子供達を3つのグループに分ける配慮は行うが、同じグループ入った子供はその中でガチの勝負を行う。年中、年長の走る距離はなんと300メートル。年長の一番早い子供は1分フラットで走り切る。100メートルを20秒で疾走している勘定だ。

 きっと貴方よりも走るのが早い。

 ひとつのグループの子供の数は30人程度。当然1位から30位まできっちり順位がつく。また一人一人のタイムは100分の1秒単位で計測される。リレーは1人150mの距離を走り、15人がバトンをつなぐ。当然これも明確に勝ち負けがつく。

 ダンスパフォーマンスは、学年が上がる毎に難易度も上がる。年長の今年の音楽はソーラン節。個人の振付けのパート、全員が一つに固まって大海原の波を表現するパート、そしてシンメトリーに移動して体型を変えるパートなど見どころ満載だ。年中、年長は組み体操も行う。年長は10人ピラミッドや3段タワーを作る。これらは私が小学校6年生で経験した種目だ。

 4年前の運動会。当時の年長クラスの保護者のTシャツにまずやられた私であったが、子供達の運動能力、勝負への執念、パフォーマンスのクオリティーの高さに圧倒された。そして年長まで子供をバディで育てた親たちの熱狂が理解できたのであった。

 私がバディのスポーツ指導を見て、あるいは我が子の成長を通して感嘆するのは、正しい指導を行えば子供というのはかくも鍛えられて、素晴しい身体能力を身につけることができるということだ。我が子が運動会で300mを疾走したり、駅伝で1キロ弱を走り抜いたりできるようになるなんて、園児の親達は入園の当初誰も想像できなかったに違いない。バディにいる子供が特殊なのではない。小学校お受験で有名な幼稚園に通っていて、50mを走るのに息を切らしているような子供でも、バディメソッドで鍛えれば翌年の運動会では別人のように疾走する様を見ることができるであろう。

バディメソッドという言葉を使ったが、実は秘策はない。子供の特性をうまく捉えて、日々たゆみないトレーニングをするだけである。子供の特性。それは「友達より上手になりたい」という競争心と、「少しだけ難しい課題を達成したい」というチャレンジ精神である。これらは天性の子供の特質だと思う。

 サマーキャンプの駅伝、石段の駆け上がり、富士登山、そして運動会の競技をやり切るだけの体力、スキル、それに精神力は、一朝一夕では身につかない。バディは先述の通り通年で様々なスポーツを行うが、その真骨頂は、毎朝9時から10時までの1時間で行う朝体操にある。朝体操とは言うがやっていることは極めてシンプル。走り込みである。最初の20〜25分でジョギングをする。年中だと大人の早歩きくらいのスピードであるが、年長になると大人並みのスピードになる。キロ6分半と言えば、ジョギングをする人ならその速さを分かっていただけると思う。ジョギングの後は、1周150メートルのグラウンドをひたすら走り込む。20分のジョギングも、走り込みも余りに辛くて泣く子もいる。先生達は「泣いて走ったらもっと辛くなるよ」とにべもない。毎朝、淡々とトレーニングは続く。

 朝体操を通じて先生達は「負けるな、追い越せ、かて」と子供たちを激励する。「かて」と平仮名にしたのは「勝つ」と「克つ」の二つの意味があるからだ。前者は「人に勝つ」ことであり、後者は「己に克つ」ことである。

 150メートルの走り込みは毎朝10本ほども行われる。幼稚園時代は、生まれ月による生育の差は大きい。4月前半生まれの子供と3月後半生まれの子供では、1年の差がある。そんな中、4、5月生まれの中でも走るのが早い子と、2、3月生まれでその中でも走るのが遅い子では、走り込みの際にグラウンド半周程も差がつく。実際子供たちも、自分より圧倒的に早いのは誰かを知っている。

挑戦する経験が子供を成長させる

 しかし、自分よりちょっとだけしか差のない奴のことは、いつか抜いてやろうと心に強く思っている。天性の競争心を持っているからだ。9本目、10本目になるとみんなフラフラになる。足の早い子達のペースも落ちる。その間隙をぬってライバルを抜く子が出てくる。彼にとっては金星だ。彼は勝負に勝ち、大きな自信を得る。

 また先生達は、毎回タイムを計る。10本全てでタイムを落とすことなく走り切ったか、また昨日より速いタイムで走ることができたか。子供たちは毎回自分と勝負する。当然時間の経過と共にタイムは上がる。4月より5月、そして運動会の行われる10月にもなると、タイムは相当向上する。肉体的成長に伴う当然の帰結であるのだが、子供たちは日々の練習の成果だと認識する。当初は無理だと思っていたタイム設定(課題)をクリアし、「自分に克った」ことを誇りに思うのである。

 このような練習を積んだ子どもたちは本番で結果を出す。かけっこでは多くの子供が自己ベストを出すし、ジョギングが辛くて泣いていたような子供でも、チームの勝負のかかった駅伝やリレーでは気迫のレースを見せる。走るのが学年で最も遅いグループに属する子供がいる。彼はサマーキャンプの駅伝の際、前日の雨でぬかるんだ場所で足を滑らせ、靴が片方脱げてしまった。しかし彼はそこで靴をはき直したらタイムに影響すると判断したのであろう。片方裸足で1キロを走り抜いてタスキを繋いだのである。感動的な光景であった。

 勝つ子がいれば負ける子がいる。普段は勝つ相手に本番で負ける子もいる。走るのが早い子なのにバトンを落としてしまい、それでチームが負けることもある。子供たちは地団太を踏んで悔しがり、そして号泣する。先生達も一緒に泣いてくれながらこうアドバイスする。「次のレースで勝て(克て)」と。

 幼稚園のかけっこ反対派の人はどんなコメントをするであろうか?

さて私は2014年の12月に「『選択肢』をもって『人生を経営』する」という本を出した。今年50歳の私は、半沢直樹でおなじみの池井戸潤氏の小説、「俺たちバブル入行組」と同世代。バブル経済ピーク時に就活し、何の苦労もなく就活して社会人になったのはいいのだが、入社したとたんにバブル崩壊。その後は、「失われた20年」という日本経済の困難期の中で社会人生活を送ってきた。

画像を見る
年長クラスの父母リレーのメンバーは予選会を行って選抜。親もアツい

 バブル崩壊、不良債権の累積、大手銀行の破綻、公的資金の注入、銀行の貸剥がしと中小企業の破綻、自殺者増加、ベアゼロ回答、早期退職勧奨、新入社員採用抑制、就職氷河期、正社員から派遣への移行、リーマンショック、派遣切り、テント村、デフレスパイラル、そして東日本大震災。

 よくもこれだけのことがこの20年間発生したものだと思う。今、アベノミクスの中で再生を目指す日本経済だが、再生を果たせるのも、様々な創意工夫で苦境を乗り切ってきた日本企業の強さがあるからだ。そこは日本人として誇りに思うことだが、一方で、そのような「創意工夫」は何らかの代償を伴ってきたことは言うまでもない。それは突然のリストラであり、給与や退職金のカットであり、正社員にするよという約束の反故であったりしたのだ。

 そのような「想定外」の経験をされた方も少なくないと思うが、我々は自分の人生において、特に経済活動面で発生する「想定外」への準備が、案外できていないのではないかという思いで筆を取った。

 その本の中で述べているテーマは、

•    決して公平ではなく、そして『想定外』の事態も頻発するこの世の中を、生き抜く力を持とう

 •    どんな場面に遭遇しても対処できるような『選択肢』を複数持って、自分の『人生の経営』をしていこう

 •    選択肢を持つ、とは多くの人から選択されることと対であり、付加価値を生み出す能力とイコールである。そしてその能力はグローバルで評価される

ということだ。

 ビジネスマンとして30代・40代で何をしたらよいかを論じた本であるが、後段で子育て論についても言及した。将来に選択肢を持てるような大人になるために、そして決して公平でなく、想定外のことも頻繁に発生するこの世の中を生き抜く力を持つために、私たち大人が子供に何をしてあげられるか、という視点を述べたのだ。

想定外を生き抜く力を身につける

 失われた20年のなかで発生したような想定外のイベントが度重なると、我々は必然プロテクティブになり大切なものを守ろうとする。それは家族であり、子供である。自分を犠牲にしても、子供の学費だけは捻出したい。それは親として当然の想いであろう。

 しかし皮肉な現実がある。若年無就労者の増加である。

 親の庇護の下、大学まで進学した学生が、就職に直面して何回か不採用通知を受けたのちに、突然心が折れてしまい、引きこもりになる。就職しても、そこで本意でないことがあるとすぐに退職する。就労経験が短いものだから何度転職しても補助的な仕事しか任せてもらえず、それに嫌気してまた転職。フリーターに身を落とし、そして引きこもりへ。

 このような若年未就労者が増えているのである。そのような若年未就労の実態をドキュメントしたNHKの番組を見たことがあるが、そこである引きこもりの学生が語った言葉は衝撃的であった。

 「もう少し苦労をしてくればよかった」

 過酷な経済環境の下、親はそれこそ必死に生き延びようとし、その中で自分が蒙っている災禍は子供にだけは経験させまいとしているのに、当の子供はその庇護の下で「苦労すればよかった、そうであればこんな引きもりにならずに済んだ」と考えているこの悲劇。

 こういう現実を見るにつけ、私たちの世代が正しいと思っていた子育てのやり方が、子供たちの「生きる力」を実は与えていないのではないかないかと考えてしまう。

 「飯が喰える大人になる」、「世界で喰っていく子供を育てる」

 こういうタイトルの本が多く出ている。私も何冊か読んだし、読んだものはどれも共感できる内容であった。飯を喰うのみならず、この世に新しい価値を生んでいける人間。そしてその結果として様々な選択肢を保有しながら、人生の難局をたくましく乗り切っていける人間はどうやって育ってくるのだろうか。

 言うまでもなく、人生というのは勝負の連続だ。選抜試験含めて他人と勝負する場面が往々にしてある。しかし、他人との勝負以上に常に対峙しなければならないのは、自分との勝負である。

 「勝つ」と「克つ」

 人生の中で発生してくる様々な勝負に、絶対負けないと思う心を持つこと。そんな心は、人生の試練に直面しても決して折れることがない。そしてその強い心こそが、人生を生き抜く根幹となるのだと思う。

 メディアが取り上げるように、スポーツのスキルが高い子供を輩出するのもバディであるが、同時に強い心を育てることを実践しているのもバディである。不確実性が高い世の中を生き抜き、そしてグローバルに活躍する人材を育てるためにも、後者の方こそバディの神髄として強調されるべきではないかと強く思う。

 さて、今年の運動会も見どころ満載であった。私のTシャツは興奮の汗と、感動の涙に濡れた。

 子供たちは、誰にも負けぬと熱い闘志をたぎらせて、チームを勝たせようと靴が脱げても裸足で懸命に走り続ける。負けて号泣しても、泣いたそばから明日のレースに向けて走り始めるのだ。

 子供たちよ。明日は毎日やってくる。そして君たちはいつだって昨日の自分には勝って(克って)いるのだ。そんな強い君たちが、明日の世界を導くのだと父は信じている。

バディスポーツ幼児園・クラブ 鈴木威理事長インタビュー

Q スポーツ幼児園をはじめたのはなぜですか?

A スポーツを通じて考える力を付けてほしいと思ったことがきっかけです。私は、「一つの正解を求める」という教育方法に疑問を感じていました。子どもによって正解は違っていてもよく、「自分にとっての正解は何か?」、スポーツを通じてであれば、その場、その場で、瞬時に判断することが求められるため、子どもが自ら考えること、つまり「生きる力」を付けられると思いました。

画像を見る
鈴木威理事長

 「子どもにはできない」と大人が判断して、チャレンジさせないのではなく、大人はそのチャレンジをサポートしてあげるべきです。チャレンジが成功したときの「達成感」、「やればできる」という連続がまた「生きる力」につながっていくのです。

 最初は4人からのスタートでしたが、そうした意図を、多くの親御さんが理解してくれて、口コミで広がっていき、35年たったいまは、東京と神奈川に7校、約2000人にまでなりました。

Q マラソンの川内優輝さん、サッカー日本代表の武藤嘉紀さんなど、トップアスリートとして活躍する人も輩出されていますね。

A 川内くんは、お母さんが非常に素晴らしかった。全体のなかではそう走るのが早い子ではなかったのですが、お母さんが「うちの子は、早生まれ(3月5日)なのによく頑張っている。早く走ることができる」と、褒めていました。甘やかすのではなく、褒めることによって、次のチャレンジを促していたということです。

 武藤くんは、陸上とサッカーを両立してやっていました。彼の走力は陸上で培われたものです。日本における子どものスポーツ環境としてよくないのは、一つの競技しかさせないことです。野球なら中学、高校、大学までずっと野球、サッカーならサッカーだけと。

 色々な種類の競技をさせてみることで、思わぬ才能を発見することができることもあるのです。例えば、サッカーで足を使うのもダメ、バスケットボールで手を使うのもダメだった子が、ラグビーで全身を使うと物凄い才能を発揮し、高校では花園に出場し、大学ラグビーでも活躍するまでの選手になりました。

Q スポーツ指導で心がけていることは何ですか?

A 少し難しいことをさせるようにしています。チャレンジさせるためです。子どもは、放っておけば易しいことしかしませんし、練習もしません。だからそこは、大人が導いてあげる必要があります。例えば、バディは、3歳児に「3点倒立」「跳び箱6段」「鉄棒の逆上がり」に挑戦させます。

 3歳児には無理だろう。できる子がいたとしても全員ではないと思われるかもしれませんが、全員が必ずできるようになります。もちろんできるまでの時間に差はありますが。できるようになるまで、大人は子どもに付き合ってあげるべきなのです。

 バディではスキー合宿を毎年しています。スキー客のなかには、3〜5歳の子どもに「スキーなどできるわけがない。可哀想だ」と、苦情を言ってくる人もいます。でも、2、3日すれば全員が滑ることができようになって、「おぉ、すごい」と、驚かれるようになるのです。

Q 最近の親(子)を見ていて感じることはありますか?

A 親が変わってきたなと思います。厳しい言い方になりますが、親が楽をするようになっています。一番、目立つのが排泄です。少し前まででしたら、1歳を過ぎたら、おむつを外す準備をしていたものです。というのも、紙おむつは高かったし、布おむつを毎回洗濯するもの大変でした。いまは、紙おむつが安く手に入るようになったこともあり、2歳、3歳になってもおむつを付けたままです。親も手伝って、努力して、子どもと一緒に、次のステップに進むことが大事です。

 親御さんは、子どもに「ありがとう、と言いなさい」と、よく言います。しかし、本当は「ありがとうと、言われるようになりなさい」というのが、私は正しいと思っています。

あわせて読みたい

「幼稚園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  2. 2

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  3. 3

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  4. 4

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  5. 5

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  6. 6

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  7. 7

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  8. 8

    男、夜遊び、嫉妬 NGTに裏の噂も

    NEWSポストセブン

  9. 9

    堀江氏も敵視 急な電話は非礼か

    キャリコネニュース

  10. 10

    ヒカキン見るな 親の葛藤を痛感

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。