記事

オジーとふなっしーと多様性について

1/2


OZZFEST 2015に行ってきました。

いやー、すごかった。楽しかった。

初日はKORNがヘッドライナーでわりと正統派なヘヴィメタルやラウド系のバンドが集うラインナップだったのだけれど、僕の行った2日目のラインナップは相当濃いことになっていた。なにしろ、トリの「OZZY OSBOURNE & FRIENDS」が圧巻。ゲストとして登場したメンバーは以下の通り。

ギーザー・バトラー(ブラック・サバス)

トム・モレロ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)

ザック・ワイルド(ブラック・レベル・ソサエティ)

デイヴ・ナヴァロ(ジェーンズ・アディクション)

ふなっしー

ふなっし―? 何故? と思ったが、オフィシャルサイトにはこう説明があった。

ふなっしー Funassyi
千葉県船橋市在住ご当地キャラ(船橋市非公認)、港町産まれの梨の妖精。

実は熱狂的なヘヴィメタル愛好家でもあり、ふなっしー特有の激しいヘッドバンギングはオジー・オズボーンをリスペクトした動きである。

あまりにもヘヴィメタル愛が高じて、2014年LAに渡り、オジーの自宅を訪問。その際にオジーと意気投合し、共演のオファーを取り付けた。そして2015年、OZZFEST JAPAN 2015開催の報を受け、次々と発表されるOZZFEST JAPAN 2015のラインアップを見ながらふなっしーはオファーを待ち続けた。だが待ちきれずLAに再び飛びオジーに直談判し、その熱意が伝わり、正式にOzzy & Friendsへの参加が決定!!

その模様は「行列の出来る法律相談所」(日本テレビ系)でも放送され、全国のふなっしーファンから祝福を受け、当日のヘッドバンギングに期待が寄せられている。

ozzfestjapan.com

オジー本人もこうツイート。

そして最後はこんなことに。

そういや、2年前にオズフェストが日本で初開催された時は、ももクロの出演発表でネットが炎上していた。当時に書いたブログを読み返すと、なんというか、いろいろ感慨深い。

あわせて読みたい

「音楽」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  7. 7

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  9. 9

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

  10. 10

    コロナの陰で反ワクチン派が台頭

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。