記事

なぜレベルの低い「やらせ」番組に、わざわざ権力は口をはさんでくるのか?

NHK報道番組「クローズアップ現代」のいわゆる「やらせ」疑惑で、高市早苗総務大臣がNHK幹部を聴取したことが問題になっている。

放送法第4条には、「公安及び善良な風俗を害しない」「政治的に公平」といった項目が規定されている。これらは一見、当然の内容であるが、いかようにも解釈できる危うさを持っている。一方、憲法は「言論・表現の自由」を保証している。放送法4条はあくまでも「倫理規範」であって、権力が介入するのは憲法違反だと僕は考えるのだ。

僕は放送番組に政治権力が介入するのは憲法違反であり、あってはならないことと考える。もしそういう状況になったなら、放送局はその事実を報じて、断固として抗議すべきである。公然と抗議すれば、国民の多くは政治権力に対して呆れることになるはずだ。

ところがなぜか多くの放送局は、明らかな憲法違反である政治権力の介入があっても、それを隠すことが多い。そして、政治権力の介入に従ってしまう。だから、権力の側もどんどんつけあがるのだ。

今回のNHKの問題は、こうしたことを積み重ねてきた結果だろう。放送局は、自分たちの番組、報道に、もっと自信と責任を持つべきだ。

問題の放送を僕も見た。はっきりいって、安直な、レベルの低い「やらせ」であった。自分たちの作った番組に誇りを持っていれば、権力側の抗議に対しても、堂々と抗弁できたはずだ。権力側をつけあがらせ、政治権力の介入を許してしまっているのは、放送局側の無責任だと僕は思うのだ。

あわせて読みたい

「クローズアップ現代」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  6. 6

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  8. 8

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  9. 9

    のんびり残業派がもたらす害悪

    非国民通信

  10. 10

    クルーズ船は「ウイルス培養器」

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。