記事

ムスリムのIS非難

相次ぐISのテロに関して、イスラム教徒の多くが彼らはイスラム教を騙ってはいるが、イスラムとは関係のない少数の過激派で、本当のイスラム教徒こそその被害者であるとしているところ、非イスラム教徒の側からは、イスラム教徒はより明確に直接の行動で、ISに対する非難の声をあげるべきであるとの声が聞かれます。

この点に関して、ロンドンのムスリム同胞団事務所は25ページからなる文書で、暴力とテロはイスラムではないとして、これを拒否する声明を発したとのことです。

他方、エジプトのイスラム教の総本山のアズハリ総長も、IS等のテロは精神的な病気であり、イスラムの教えに反するものであると確認した由。

更にロンドンのムスリム活動家は、昨年行った「彼ら・・・ISのこと・・・は我々を代表しない」キャンペーンを、パリテロに関連して再開することにした由

たしか、これまでサウディのムフティ等も厳しく、ISの暴力を非難してきたと記憶します

http://www.alquds.co.uk/?p=438234
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/egypt/2015/11/21/شيخ-الأزهر-الإرهاب-مرض-فكري-ونفسي-لا-دين-له.html
http://www.aljazeera.net/news/international/2015/11/21/مسلمون-بريطانيون-يطلقون-حملة-تنظيم-الدولة-لا-يمثلني

これらの発言、行動はそれ自体は重要かと思いますが、問題はそれらがISの宣伝によるムスリム青年に対する影響に比して、弱弱しいことではないでしょうか?

又、現実に多くのアラブ諸国は、ISと実際に戦っていますが、それ以上に問題はこれらの国(チュニジア、イエメン、スーダン、モロッコ、エジプト、サウディ等の湾岸諸国)から多数の若者が、IS等の過激派組織に参加して、イラク、シリアで戦っていることで、アラブ、イスラム諸国は国を挙げて、反ISのキャンペーンを行い、参加した者については政府に情報が集まる仕組みを作り、出入国の際の水際逮捕等で、若者の過激派の戦等への参加を阻止すべき時に来ていると思います。

そうでなければ、これらの戦闘参加の経験豊富な青年が帰国して、それぞれの国で、テロ活動を行うことは、目に見えて明らかで、今のうちに断固たる措置をとっておかないと、それこそ90年代にアルジェリアがアフガンからの帰国戦士al afghani などが中心になって、10年にわたる血の海を経験した(犠牲者は10万人とも言われる)ことの繰り返しが起こる可能性も否定できないでしょう。

あわせて読みたい

「IS(イスラム国)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。