記事

防衛省集計の「米軍機の飛行に係る苦情等受付状況表」の2015年7~9月分を入手

防衛省集計の「米軍機の飛行に係る苦情等受付状況表」の2015年7~9月分を入手しました。この3か月間の苦情は、14県94件になります。


 内訳は秋田県1、岩手県1、東京都1、埼玉県12、群馬県8、栃木県3、鳥取県3、島根県34、岡山県5、広島県5、徳島県4、高知県6、大分県5、鹿児島県6です。


 中国山地(島根県、広島県)における米軍機戦闘訓練エリアの被害がやはり多い。また、低空飛行訓練ルートであるオレンジルート(和歌山県、徳島県、高知県)・ブラウンルート(鳥取県、岡山県、広島県)下の苦情も相変わらず多い。


 常に苦情件数が多い群馬県は今回、米軍戦闘機の訓練エリアからの苦情は見当たらず、伊勢崎市や桐生市など県南地域におけるプロペラ機の苦情が多数に上ります。埼玉県、栃木県内の苦情とともに、米軍横田基地所属のC130戦術輸送機によるものと思います。


 ただし栃木県鹿沼市の8月24日の苦情は、米軍嘉手納基地所属のMC130特殊作戦機と思われます。「下野新聞」もその低空飛行に関する住民の苦情を記事にしています。数日間にわたって栃木県各地で異常な低空飛行が繰り返されたことが紹介されていました。


 秋田県湯沢市の8月26日の苦情は「大型輸送機(=プロペラ機)が低空で飛行しており、恐怖を感じた。後部のハッチが開いており、何か投下しているのかと不安になる」と、異常な飛行実態を告発していました。これもMC130だったのかもしれません。


 大分県、鹿児島県では、MC130と思われる米軍機の苦情が寄せられています。


 岩手県雫石町の苦情は、「北方ルート」といわれる米空軍三沢基地が設定した低空飛行訓練ルートを飛ぶ戦闘機によるものではないでしょうか。


寄せられた苦情として
・「非常に恐怖を感じる。子供もおびえている」(島根県邑南町)。
・午後10時半の低空飛行に対して「今何時だと思っているのか。うるさくて我慢できない」(島根県浜田市)。
・「12時32分ごろに5機、13時20分ごろに8機、C130と思われる航空機が南から北へ、かなり低い高度で飛行した。うるさいし恐ろしい」(埼玉県上尾市)。
・「濃い灰色のヘリコプター2機が飛行していた。両側面の扉が開いていたので、機内から積載物が落下するのではないか不安だった。この訓練をやめてもらいたい」(鹿児島県西之表市)
などがありました。

あわせて読みたい

「米軍基地」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  3. 3

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  4. 4

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  5. 5

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  6. 6

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  7. 7

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

  8. 8

    コロナで東京と地方に断絶発生か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    遅い意思決定 官邸は相当混乱か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    デリヘル店長語る歌舞伎町の惨状

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。