記事

インフレ回復へ行動の用意、QEは調整可能=ECB総裁

[フランクフルト 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は20日、資産買い入れプログラムと中銀預金金利の調整を利用可能なツールとして指摘し、インフレ率を押し上げるために早急に措置を講じる用意があることを示唆した。フランクフルトで開催された会合で講演した。

ユーロ圏インフレ率は目標の2%弱を大幅に割り込んでおり、総裁は12月3日の理事会での追加緩和に向け強いシグナルを送った格好だ。

会合には、超緩和政策に反対しているワイトマン独連銀総裁も出席。同じくECBに対して批判的なショイブレ独財務相も後に講演する予定。

ドラギ総裁は講演で「目標を達成する上で現在の政策が十分でないと判断すれば、インフレ率をできるだけ早急に引き上げるため、やるべきことをやる」と表明。12月3日の理事会で決定すると付け加えた。

ECBは今年3月から、主に国債を月額600億ユーロ(約640億ドル)購入する資産買い入れプログラム、つまり量的緩和(QE)を始動。ただ、インフレ率は10月は0.1%と低迷が続いている。

ドラギ総裁はQEについて、ユーロ圏企業の借り入れコストを引き下げたなどとして擁護。その上で、刺激効果を一段と高めるために、規模の拡大や期間の延長、構成の変更が可能との見方を示した。

総裁は「資産買い入れプログラムは、強力かつ柔軟な手段であり、スタンスをより緩和的にするため、規模や構成、期間を調整できる」と強調。中銀預金金利の水準をめぐっては「APP(資産買い入れプログラム)の波及効果を高めることが可能」との認識を示した。

*内容と写真とカテゴリーを追加しました。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  9. 9

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  10. 10

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。