記事
  • 飯山陽

イスラム国との戦いは第三次世界大戦か?

ローマ法王の「第三次世界大戦」発言を受け、

「イスラム国の軍事力は結構弱いから、みんなで団結しさえすれば第三次世界大戦なんかになりえない!だからだいじょうぶ!」

といった趣旨の見解がいわゆる有識者からだされるようになっています。

はっきり言わせていただきますが、これは見当違いも甚だしい議論です。

イスラム国の本当の怖さは、彼らが現在持っている軍事力に由来するわけではありません。

それは、彼らのイデオロギーに由来するものです。

昨日CNNが、「ラッカは沈黙のうちに処刑される」というラッカの活動家グループのメンバーへのインタビューを放送しましたが、彼も次のように言っていました。

「もしあなた方(アメリカ有志連合)がイスラム国を滅ぼしたとしても、イスラム国のイデオロギーを滅ぼさないままだとしたら、2〜3ヶ月、もしくは1年後には、新たなイスラム国が出現するでしょう。」
リンク先を見る
人類の歴史上、世界大戦はまだニ度しかおこっていません。

つまり、世界大戦なるものの普遍的定義なんてものはないわけです。

イスラム国との戦いは、過去二回の世界大戦とは概念も具体的あり方も異なるだけで、世界全体がなんらかの意味でその戦争に巻き込まれるという意味では、第三次世界大戦と呼びうるのかもしれません。

もちろん、日本もまたその例外ではありません。

世界が団結してイスラム国と対峙するという、その姿勢自体にはもちろん私も賛成です。

ただ、それだけによってイスラム国問題を根絶させるのは不可能です。

この認識を世界が共有することもまた、重要だと思います。

あわせて読みたい

「IS(イスラム国)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  3. 3

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  4. 4

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  5. 5

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

  9. 9

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  10. 10

    希望なき社会で起きた渋谷暴行死

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。