記事

次の英欧課題は「利下げ」と「緩和規模拡大」

為替千里眼、昨晩は材料性に乏しいこともあって更新そのものはお休みさせていただきましたが、ロンドンから良い流れで推移してきた金融市場はNYで一転、NYダウは-180ドルの反落、10年債利回りは一時2.06%まで上昇するも結局1.98%まで低下して引けております。ロンドンでは、フィンランドの議会でEFSF拡大が承認されたことや、ギリシャ第2次支援の一部である民間債権者の債務交換スキーム(PSI)への参加率が9割に達したと報道などを背景に、ユーロドルは1.37手前まで上昇していたものの、その後のNYでの株価下落などを背景に1.35Lowまで下落、ドル円も76円Highから既に76円Mid割れまで軟化しており、先週から続いた欧州債務懸念の後退に伴うリスク資産の回復に、やや調整が入ったというような感じです。

ただ、引続きギリシャ救済を巡る欧州の動きは不透明で、昨日はフィンランド議会が賛成103、反対66、棄権30の大差で可決こそいたしましたが、本日は独下院での採決が予定されており、EFSF拡大については概ね可決されると見込まれておりますが、焦点は連立与党のみで過半数を集めることができるかどうか、メルケル首相に対する風当たりも強まっているだけに、その議会採決は動意の元になりそうな雰囲気です。その他、トリイカがふたたびギリシャ審査のためにアテネ入りをし、第6トランシェに対する協議を本日より再開いたしますが、トロイカの第6トランシェの要求でもある「公務員給与20%削減」については、ギリシャ議会でもまだ法案が採決されておりませんので、不動産税こそ可決したものの、今後の支援については依然として不透明であるとの認識が強まっております。

昨晩のマクロを振り返りますと、NY序盤の耐久財受注は-0.1%と前月の+4.1%からマイナスに転じましたが、現状の市場の焦点は米景気・金融政策ではなくギリシャ問題に集中しており、反応は限定的でした。5年債入札に関しては、足許の回避動意を背景に積極的な応札を集め、応札倍率は前月の2.71倍から3.04倍に上昇、落札利回りも1.015%と直前の1.030%を下回る好結果となりました。その他、注目されたバーナンキ議長の講演については、特段金融政策に関する言及はなされませんでしたが、質疑応答において「現状2.0%のインフレ率と概ね合致している」「インフレ率またはインフレ期待が下落し過ぎた場合、我々はそれに対処する必要がある」と述べるに留まり、インフレが低下するようなら積極的に金融緩和を行う準備があるとのスタンスを明確にしております。

USDJPY 4Hour
リンク先を見る
今晩の米材料は、GDP確報やIJC、PHSIなどが予定されておりますが、上述のとおり現状の市場テーマが欧州問題におかれているため、ヘッドラインに対する市場の反応は限定的、テクニカル面でも76円Mid〜Highのレンジ内推移に留まると思われます。モメンタムの動きが少々怪しいですが、仮に76円Midを下抜けても76円割れの勢いまでは感じられず、ここ最近は戻りも早いので、良い押し目のタイミングになるのではないかと見ております。再び株価が大幅な下落に見舞われるようなことになれば、債券利回りが再び低下し、ドル円の76Lowトライの可能性が非常に高まってくるところではありますが、ドル円が下落するような状況では、ストレートの方がもっと大きく下落している可能性が高く、現状はあまりドル円に妙味を感じないというのが本音かもしれません。

気になる今後の展開ですが、個人的には引続き欧州通貨に対してはベアリッシュな展開を予想、ギリシャ問題のヘッドラインに左右される状況は変わりませんが、月初に控えるECBの利下げ観測、そしてBOEの緩和規模拡大観測などを背景に、戻り高値は叩いておこうというイメージです。目先ではこのあとの独議会でのEFSF拡大採決が焦点となりますが、言うまでもなく与党のみで可決ができないとなると、メルケル首相に対する退任圧力が強まり、これが政局不安ほかギリシャ救済に支障を来たすのは言うまでもありませんので、その点も踏まえ本格動意の木曜日と捉えておきたいところです。

では、この後も頑張りましょう!

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏、JR東日本「Suica」利用客データ販売検討に「さっさと使っちゃえ」

    ABEMA TIMES

    01月23日 14:21

  2. 2

    欧米流の脱炭素論にモノ申す 都合よくSDGsを持ち出すな

    WEDGE Infinity

    01月23日 16:23

  3. 3

    自宅に監視カメラ、行動履歴の掌握、犯罪「候補」者の摘発――AIが人間を監視する「ウイグル」の現在 - 佐々木俊尚

    新潮社フォーサイト

    01月23日 14:31

  4. 4

    「性格が激変し、仕事を失い、夫とも離婚」30代女性を10年間苦しめた若年性更年期の怖さ

    PRESIDENT Online

    01月23日 15:32

  5. 5

    秒読みのウクライナ侵攻・・プーチンの論理

    舛添要一

    01月23日 20:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。