記事

「特攻」は自爆テロより悪質 産経新聞は特攻を美化したいのか?

特攻隊は「テロリストとは違う」「戦友への侮辱だ」 仏報道に88歳元隊員憤り
http://www.sankei.com/west/news/151117/wst1511170080-n1.html?fb_action_ids=996970890365375&fb_action_types=og.recommends

例によって産経の「愛国的報道」です。

自爆攻撃をKAMIKAZEと言われるのは仕方ないでしょう。
第三者からみれば自殺覚悟の攻撃であることになんらかわりはありません。

別に精緻な定義があるわけでもない。我々日本人も未だに腹を切れとか、彼は詰め腹を切らされたとか言いますが、それに対して「ウチの祖先は名誉の切腹を行った。ウチの祖先に対して失礼だ、謝れ」と言われたら、この人は随分アレだなあ、と思われるだけでしょう。

こんな胡乱な情緒を記事する価値などないでしょう。
産経新聞は馬鹿な軍部戦争指導を美化したいんでしょうかね?
>パリで起きた同時多発テロ事件で、現地メディアが自爆テロ実行犯を「kamikaze」(カミカズ)=カミカゼの仏語風発音=と表現していることに、語源となった神風特攻隊の元隊員から憤りの声が上がっている。命をなげうち、祖国を守ろうとした特攻と、無辜(むこ)の民間人を犠牲にするテロを同一視するような報道に、元隊員は「国のために戦死した仲間は、テロリストとは全く異なる」と反発している。

> 「日本をなんとか救おうと、愛国心の一念から仲間は飛び立ち、命をささげた。テロと特攻を一緒にするのは戦友に対する侮辱であり、残念至極だ」

>福岡県豊前市の末吉初男さん(88)は17日、産経新聞の取材にこう語った。

> 末吉さんは(中略)特攻隊として、4機5人と台湾の飛行場から飛び立ったが、約1時間後、隊長機にトラブルが起きて沖縄・石垣島に全機不時着した。再出撃の命令は出ず、そのまま終戦を迎えた。
 率直に申し上げて、特攻は自爆テロよりも悪質で、下策です。強要されて死んだ搭乗員たちは犬死です。
 この人の主張は、昔はよかったという老人の繰り言にしかすぎません

 確かに不特定多数の一般市民を巻き込む自爆テロは許されるものではありません。ですが、軍事的な見地からいえば自爆テロの方が、かつての帝国陸海軍の特攻よりも遥かにマシです。

 まず日本軍は米英軍と同様な近代的な軍隊であり、開戦当時は互角以上に戦っておりました。負けがこんできたのは、指導層の無能と、軍の非合理的かつ硬直した体質、情報軽視、人命軽視のせいです。

 ガダルカナルや南方諸島で、飢えや病気で多くの将兵が無くなったり、情報軽視の作戦参謀の自慰的な作戦で部隊が全滅したりしました。
 また福留参謀長は乗機の飛行艇が撃墜され、ゲリラの捕虜となり、新作戦の計画書、司令部用信号書、暗号書といった数々の最重要軍事機密を奪われた。
 当時軍は「生きて虜囚の辱めを受けず」と招へいの自決を強要していたのに、彼は開放されてしれっと勤務を続けました。相手に情報が筒抜けだったのは明らかでしょう。二重基準もいいところです。
 また負け戦の将官が更迭もされず、ふさわしい将官がその地位に抜擢されることもなく、戦時でも平時通りの人事を行っておりました。日露戦争時代とは偉い違いです。

 帝国陸海軍があれだけ惨めな敗北を喫したのは指導層の無能と官僚主義、硬直した精神主義の結果です。

 その責任を現場の隊員に押し付けて自爆攻撃を強要したのが「特攻」です。
 対して中東のテロリストたちは始めから、欧米の軍隊と正面で戦える戦力を持ちあわせておりません。非対称な戦いです。フリな状況で正面から戦うのは愚か者です。万歳突撃を行い、民間人にも自決を強要した帝国陸海軍は度がしがたいほど愚かでした。
 
 ぼくはテロを肯定しませんが、少数の部隊で欧米の軍隊に「正々堂々」と攻撃をかけるのと、9・11や今回のフランスのテロとでは後者のほうが効果的な攻撃だったでしょう。

 始めから劣勢が分かっており、それを補うという合理的な判断のもとに行われ、実行者は正しいか否かは別として「理想のための殉教者」として作戦に参加しております。
 しかも欧米に与えた政治的な打撃力は極めて強大でした。作戦は大成功しました。殆どが撃ち落とされた特攻機とはえらい違いです。
 こちらのほうが軍事作戦としては遥かにまもとです。


 そしてテロをやっても勝てば官軍です。南アフリカでもANCは非合法な武装組織MKを擁しており、民主化後の大統領になった故ネルソン・マンデラはMKの初代司令官でした。ですが、だれもいまやANCをテロ組織とはいいません。
 我が国でも長州や薩摩は徳川幕府に対してテロや内戦をおこないました。
 更に申せば、欧米諸国はシリア政府から見れば「テロ集団」である反政府勢力に武器許与などの肩入れをしてきました。それが、ISができた一因でもあります

 さて、「特攻」の効果はどうでしょうか。確かに当初は米軍の将兵たちを恐怖に陥れましたが、彼らは対策をとりました。

 そもそもろくな飛行時間もない搭乗員が爆弾を抱いて、近接信管を装備した濃密な対空砲火の中に突っ込んでも効果は殆ど見込ません。

 「断じて行えば鬼神も之を避く」というのは精神主義のオナニーです。偉い人たちのオナニーで殺された搭乗員たちはたまったものではありません。そんなに自爆攻撃やりたかったならば、まずは司令官や指揮官クラスが行えばよかった、がそれはやらなかった。

 確かに一部の将兵は国の為を思って進んで自らを犠牲にしたのでしょう。効果のあるなしは別として。
 ですが、多くの証言で、同調圧力で強要された人たちも多くいたことは明白です。

 何度かこのブログでも紹介しておりますが、歌手の大貫妙子さんのご尊父、故大貫健一郎氏は特攻隊員で、昭和20年5月、陸軍が福岡に設けた生き残り特攻隊員の収容施設・振武寮で、大貫少尉は上官に殴打され、怒声を浴びつづけられ、筆舌に尽くしがたい理不尽を受けました。

 繰り返しますが、特攻は軍上層部の無能を糊塗するために、若者に犬死を強要しただけのものです。

 そして戦後若者たちに特攻を強要した指揮官たちの多くは自ら自決することも、責任を取ることもなくのうのうと戦後も生き続けました。

 特攻で命を失った搭乗員たちは、平均的な日本人よりも身体頑強で、学力も高かった人たちです。彼らが生き残って戦後の復興に尽くした方が遥かに良かったのではないでしょうか。
 例えば文化では故柴田錬三郎氏やクレージーキャッツの故犬塚弘氏も元搭乗員でした。特攻で命を落とした多くの若者が戦後の復興に貢献したでしょう。


 それほどまでに美しく愛国的な「特攻」だったのであれば、福岡県豊前市の末吉初男さんたちは失敗した時に何故責任をとって自決をしなかったのでしょうか。

 そのような特攻を美化するのは老人の妄言です。それを主張するならば末吉氏は今からでも自決されて、「立派な最後」を遂げて、自爆テロをKAMIKAZEと称する海外メディアに抗議なさってはいかがでしょうか。







東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
フランスは原発テロの悪夢にうなされている
自爆覚悟のテロは、防ぐのが難しい
http://toyokeizai.net/articles/-/93096
高額な早期警戒機が日本では「欠陥機」だった
周波数帯をまともに使えない大矛盾
http://toyokeizai.net/articles/-/88753

Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
【仏同時テロ:中東独裁国家への歴史的介入が原因】~難民急増の深層 その1~
http://japan-indepth.jp/?p=23079
【仏同時テロ:無自覚な“文明的暴力”を批判せよ】~難民急増の深層 その2~
http://japan-indepth.jp/?p=23082
【わざわざ旧式兵器を新たに調達する陸自】~国内企業のライセンス生産守る為?~
http://japan-indepth.jp/?p=22467

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
イスラム国がトヨタのランドクルーザーを使う理由
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015110200004.html
陸自が導入した輸送防護車は使えない
机上の空論では済まない邦人救出の現場
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015100200004.html

あわせて読みたい

「テロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  3. 3

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。