記事

グーグルプラス簡素化、しぼむSNSへの野心

 米グーグルがソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「グーグルプラス」に賭ける野心は劇的にしぼんだ。17日に公開された縮小版グーグルプラスからはそんなメッセージが伝わってくる。

 グーグルプラスは2011年に、SNS大手フェイスブックに対抗して始まった。何億人ものユーザー同士がつながるのを助け、自社にとっては、ユーザーに関する価値ある情報や興味や関心に基づいたデータを収集する上で役立つものを目指した。だが数あるグーグル製品を結びつける中心的な役割を持たせようとした結果、複雑で分かりにくいサービスになってしまった。グーグルプラスに多くの時間を割く人はほとんどいなかった。

 新たなグーグルプラスは、人がつながるというより共通する興味や関心事でつながるようなものになっている。グーグルによると、主要機能は2つだけ。ひとつはコレクションで、サーフィンのような話題や特定の画像タイプといったコンテンツの流れをユーザーが追跡できる機能。もうひとつはコミュニティーで、同じ興味を持った人が集まり、例えばテレビドラマシリーズの「ゲーム・オブ・スローンズ」や絵画といった話題でやりとりができる機能だ。

 新旧バージョンの大きな違いは、特定の話題に関するメンバーの投稿をフォローする一方で、同じメンバーでも別の話題に関する投稿は受け取らないことが可能になったことだ。

 新バージョンから消えた、もしくは消えつつある機能はメッセージサービスの「ハングアウト」、イベント管理ツール、ロケーション共有機能だ。画像をアップロードする機能は残っているが、名前で人をタグ付けする機能は制限された。こうした機能の大部分は独立したサービスとして生き残っている。例えば、新しい画像管理サービス「グーグルフォト」などは成功している。

 グーグルの広報担当者によると、ユーザーの利用データやフィードバックに基づき、今後さらに多くの機能が取り除かれる可能性がある。「共通の関心事を中心に人々が交流する場所になるようグーグルプラスを簡素化している。この狙いからそれている機能は取り除いていく」という。

By ALISTAIR BARR

あわせて読みたい

「Google+」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  3. 3

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。