記事

寛容は非寛容に対しても非寛容であってはならない

 今朝の日経新聞コラム「春秋」に、文学者の渡辺一夫の言葉が引用してあった。この人は宗教史も研究して、この結論に達したという。寛容な人でも、非寛容に固まった人に出会うと心を固くする。非寛容な人に対して寛容にしたら、自分が損をするだけだと不公平にも感じるだろう。しかし、非寛容をぶつけ合っていたら宗教戦争は終らなかった。

 しかし、すぐに考えたのは、非寛容な権力に対しても寛容でいられるか、ということだった。もともと非対称な権力との対立に、寛容の精神を持ち込んだら、あきらめと盲従に陥るだけではないのか。それは寛容とは違うのではないか。

 寛容は非寛容に対して、非寛容は誤りだと言いつづけなければならない。非寛容に固まったら人間の発展はなかった。対立する相手からも学ぶことで人間は賢くなった。だから非寛容は間違っていると言いつづけなければならない。非寛容に押しつぶされて沈黙してはならない。自信を失ってはならない。

 寛容は人間の希望なのだ。死んではいけない。

あわせて読みたい

「政治」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  2. 2

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  3. 3

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  4. 4

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  5. 5

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    上司無視…モンスター部下の実態

    PRESIDENT Online

  8. 8

    コロナ死者数に含まれる別の死因

    青山まさゆき

  9. 9

    日本特有文化ではないひきこもり

    幻冬舎plus

  10. 10

    未だメアドで縛る携帯業界に苦言

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。