記事

11月18日(水)ムネオ日記

政府は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古沖埋め立て移設について翁長雄志知事による名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認取り消し処分を撤回する代執行に向けた訴訟を起こした。

これで政府と県が法廷で争うことになった。ここまで対立すると、抜き差しならぬ関係になる。

沖縄県民は国の提訴に対し、一層の団結と国に対する反発を強めることだろう。

警視庁の機動隊員を沖縄に導入したのはやり過ぎである。沖縄県警の多くは沖縄人であり、それなりの情や仲間意識があることだろう。

沖縄県民を上から目線で、力ずくで機械的に排除する機動隊員を見た時、唖然とした。

いずれ「沖縄人を馬鹿にするな」と言う激しい怒りが火の玉となってぶつかってくるだろう。

同じ日本国民なのに、これ程までにいがみ合う状況を作ったのは誰か。政府である。

選挙という民主的手続きにおいて辺野古移設絶対反対を訴えて圧倒的支持を受けて当選したのは翁長沖縄知事であり、稲嶺名護市長である。

この厳粛な事実を尊重するのが政府の立場でないか。聞く耳持たない、一顧だにしないというやり方は無理がある。

アメリカにきちんと沖縄県民の思いを、声を伝え、現在使用している基地施設を有効利用することで局面の打開が図れるのでないか。

政府にもっと知恵を出すことをお勧めしたい。

アメリカの言いなりになるのではなく、沖縄人の魂の叫びを受け止めるのが解決の道である。

沖縄と誰よりも向き合って来た私の結論である。沖縄人を軽く見てはいけない。

あわせて読みたい

「普天間基地移設問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。