記事

やはり利回り好転にはマクロ改善が必須の模様・・・

為替千里眼、本邦サイドは野田前財務相が新首相に就任し、現状の円高対策という面でみれば従来の財務相としての政策スタンスを維持してくれるものと思われますので、ある意味その方向性が不透明な海江田氏よりかはマーケットに与える安心感は大きかったのではないかと思いますが、今後は9月2〜5日に予定される新内閣組閣における新財務相人事の行方などが焦点になると思われますので、現状誰が就任するかは全く未知数ではありますが、今後の争点として捉えておきたいところです。肝心のマーケットの方は、米マクロの好転や株高などを背景にリスク許容が拡大、全般的にストレートが上昇、ドル円は米長期金利の上昇から僅かながらに水準を切上げております。依然として米QE3期待というのも顕在で、昨晩はオージーを始めエマージングなどの高ベータも軒並み上昇しておりますので、久々に諸々の懸念後退のリスクオン状態が回帰したような感じではありましたが、この動きの持続性については市場も懐疑的で、目先焦点となる今晩のFOMC議事録に既に焦点を移しております。

昨晩の米マクロを簡単に振り返りますと、NY序盤に発表された米個人消費支出は、前月比予想+0.5%を大きく上回り+0.8%、実質ベースでは+0.5%と09年12月来の高い伸びとなりました。ロイター曰く「東日本大震災を受けた供給寸断の影響が和らぎ、自動車販売が上向いたことを反映した」とのことですが、昨晩の更新でも触れましたように、先週末に発表されたGDP改定でも個人消費が速報値の+0.1%から+0.4%に上方修正されていたところをみると、7-9月期の実質個人消費は大きく回復する可能性が出てきました。ただ、それに伴ってインフレ基調も高まりを見せており、PCEデフレーターでは前月比+0.4%、前年比では+2.8%と08年10月来の高水準を記録しており、Fedが注目するコアPCEも前年比で+1.6%と前月の+1.4%から上昇、ますます追加緩和を導入できる状況ではなくなりつつあると捉えることができます。

その他、PHSIに関しては予想-1.0%に対して結果-1.3%と依然として販売が振るわない状況、Fedダラスmfgもヘッドラインが前月比-9.4pの-11.4と4ヶ月連続のマイナス、構成項目を見ますと新規受注が-11.2pの4.8p、生産指数も-9.7pの+1.1p、肝心要の雇用指数も-6.7pの+5.4pとなっており、やはりFedインデックスは全滅といった感が非常に強く残ります。今晩は、引続き住宅指標と言う面でのケースシラー、そして足許の信頼感を推し量るうえでも重要となるCB消費者信頼感が予定されており、既にCBは予想40台も出ている状況ではありますので、その点を踏まえ、株価動向および高ベータ通貨の動向には注意しておきたいところです。また、FOMC議事録に関しましては、既にジャクソンホールなどのイベントもこなしてきましたので、新たな材料が提供されることはないかと思いますが、8月FOMCにおいて、時間軸効果の強化や追加的な金融政策ツールについてどのような経緯で議論がなされていたかに注目したいと思います。

さて、ようやく動意付いてきたような感じの各通貨ですが、ドル円は引続き77円で上値が重くなる状態、ユーロドルも1.45〜Midレベルで膠着気味ではありますので、ドル円の一段高を期待するには77円Mid抜けが必須、ユーロドルも1.46台乗せが目先課題として捉えておきたいところです。ケーブルややはり従来のレジストが効いているようで1.64Capの状態、オージードルもいよいよ雲下限に迫っており、上値余地はせいぜい1.07アラウンドといった状況です。先週の動きでは、株価が大幅反発となるとその翌日には大幅反落、為替レートにはさほど影響は受けないものの、リスクセンチメントという部分で言えばやはりマクロ好転を背景とした株価上昇が必須ではありますので、昨晩のようにそれにともなって利回りも上昇すればドル円は77円台で定着できるかもしれません。それでも、今晩のマクロはあまり好結果が期待できませんけどね・・・・

本日も張り切って行きましょう!

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。