記事

ユニクロと東レ、16―20年で取引1兆円へ グローバル・IT化推進

[東京 17日 ロイター] - ファーストリテイリング<9983.T>傘下のユニクロと東レ<3402.T>は17日、第3期の戦略的パートナーシップを発表した。2016―20年の5カ年で、取引累計額1兆円を目指す。グローバル化とデジタル化を進めることで、前5カ年の見込み額6000億円から大幅に取引を増加させる。

ファーストリテの柳井正会長兼社長は会見で「5年間で戦略的パートナーシップを土台にしてユニクロを世界ナンバーワンのブランドにしていく」と述べた。

東レの日覚昭広社長は「世の中にない画期的な商品を開発し、新たな市場を創造することが重要」と語った。

今後両社は、グローバルに広がる店舗網に応じた最適な生産拠点の構築を進める。国井圭浩・ファーストリテグループ上席執行役員は、中華圏で年間100店舗の出店を計画していることもあり「中国の生産は非常に重要、引き続き強化し拡大する」とした。

一方、中国以外の地域の生産拠点については、東南アジア諸国連合(ASEAN)、インド、トルコを挙げた。また、TPP(環太平洋連携協定)の発効などを見据え、東レの田中栄造副社長は「ベトナムでは、かなりのスピードで生産地を構築して行く」とした。

また、最新のデジタル技術を活用することで、購買履歴などのビッグデータを分析、それを素材や商品の開発に生かすという仕組みづくりやサプライチェーンの構築にも取り組む。

柳井会長は「お互いのビジネスモデルを直結させ、世界で最速・最短で消費者の要望を商品化する」とし、最終的には、消費者と工場が直接つながるイメージだという。

両社は1999年から取引を開始。2006年には戦略的パートナーシップを締結し、一体となって開発を進めてきた。2010年までの5カ年で素材・製品供給で2500億円のビジネスとなり、11―15年の第2期は、発表時の4000億円に対し、6000億円まで拡大する見通し。

この間、ユニクロのヒット商品となった「ヒートテック」や「エアリズム」などが誕生した。

*内容を追加します。

(清水律子 編集:内田慎一)

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。