記事

“決意”なき米中東政策 IS打倒に向け各国は団結を - 岡崎研究所

10月16日付のウォールストリート・ジャーナル紙で、キッシンジャー博士が、中東の秩序を救うためには戦略的な思考が必要であり、当面はISの打倒を最優先にすべきである、と述べています。

時期尚早な対イラン宥和政策

 すなわち、中東の地政学上の枠組みが崩壊している。シリアでのロシアの一方的軍事行動は、中東の秩序を安定させる米国の役割が瓦解していることを示すものだ。

 イランの問題はその二重性にある。イランは領域国家であると同時に、地域覇権を求めて、非国家主体のヒズボラ、ハマス、ホーシーを組織し指導している国家である。湾岸諸国はISよりイランを恐れている。湾岸諸国はイランの勝利にならないような形でISを打倒したいと思っている。この両面感情はイラン核合意によって一層深まった。多くの国が米国はイランの覇権を黙認することになったと理解している。

 複雑化する地域情勢と米国の中東からの後退がロシアの軍事行動を可能にした。ロシアの懸念は、アサド政権の崩壊によりISがシリアを制圧し、そのテロ活動がロシアのイスラム地域に波及してくることにある。ロシアは無期限にアサド政権の維持が必要とは考えていない。

 米国はすべての当事者の考えを満たそうとするうちに、事態を主導する能力を失ってきている。今やあらゆる国と対立または問題を抱えている。

 今や対イラン政策が米国の中東政策の中心になっている。米政権はイランの過激派支援や核合意違反に対しては厳しく対処すると言っているが、同時に交渉によりイラン外交を転換させることには熱心である。現在の対イラン政策は、ニクソン政権の対中政策と比較されているが、それは正しくない。1971年の米中和解はロシアの覇権に反対するという共通の利益があったが、米イラン間にはそのような戦略上の合致はない。

 また、米中双方の「期待」は対称的だったが、イランは核合意実施後、直ちに目的を達成するのに対し、米国は長期にわたってイランが約束した行動によってしか利益を得られない。米中合意により中国の政策は直ちに転換したが、イランについては世界との経済交流などによりイランの政策が変わるだろうという楽観的な仮説を前提としている。

中東政策には戦略的思考を

 米国の政策は地域内の疑念の拡大になるリスクがある。今の中東では敵の敵は自分の敵でもある可能性が高い。中東の国々は核の技術を取得しようとしている。米国は核を持とうとするすべての国に対しそれを阻止する決意を持っておかなければならない。

 最近戦術的な議論が多すぎる。戦略的思考が必要だ。次の原則に基づき優先順位を確立すべきである。

①IS打倒がアサドの退陣よりも緊急である。シリアをテロの聖域にしてはならない。②米国はロシアの軍事行動を既に黙認している。合致する目的はある。ISに代わって穏健スンニ派、または域外勢力が支配することはイランによる支配よりは望ましい。③ ISから奪還した地域は、イラクやシリアの関係地域に居たスンニ達の統治に任せる。④ アラウィー派とスンニの連邦制をシリアに構築する。その中でアサド(アラウィー派)も役割を果たすことができる。⑤ 米国はスンニ国家に対する軍事上の確約を実施する。⑥イランが過激派支援等の地域覇権行動をやめる時、米国はイランと対話をする。

 米国は世界でいかなる役割を果たすのか決めるべきだ。その際、中東が最初のテストになる。問われるのは米軍事力の強さというよりも、米国に役割を果たす決意があるかどうかである、と述べています。

出 典:Henry A. Kissinger ‘A Path Out of the Middle East Collapse’ (Wall Street Journal, October 16, 2015)
http://www.wsj.com/articles/a-path-out-of-the-middle-east-collapse-1445037513

*   *   *

中東秩序回復にはロシアとの妥協もやむを得ず

 リアリストたるキッシンジャーの面目が躍如としています。ISの打倒を最優先すべき、IS打倒という目的の一致がある限りロシアの一方的な軍事行動も黙認する、シリアに連邦制を打ち立てその中でアサドにも一定の役割の余地を認める等の点について共感します。主権国家を基礎とする国際秩序重視の姿勢が滲み出ています。またサウジ、エジプトなどのスンニ諸国を重視した中東秩序を想定しています。アラブとイランが対峙する中東秩序の方が管理しやすいと考えているのかもしれません。秩序は簡単で鮮明な方が良いことはあります。

 イランについて、キッシンジャーは非常に警戒的です。レバノンのヒズボラなど非国家主体の過激派を組織し主導することを止めた時、米国は対話に応じるべきだ、との考え方は余り実現性はないでしょう。なぜなら、イランがヒズボラなどの支援をやめることは、少なくとも現在のイランの政治制度が続く限り考えられないからです。キッシンジャーとしては、今のイランと対話する必要はないということか、あるいは関係正常化を梃子に過激派支援を放棄させるべきという考えかもしれません。

 キッシンジャーは、オバマ政権の政策には相当批判的です。シリアについて、現政権の不明確な軍事姿勢が混乱を引き起こしていると指摘しています。また、オバマ政権がニクソンの米中和解に匹敵することだと宣伝してきたイラン核合意について、キッシンジャーはかかる比較は当たらないと切り捨てます。米中和解には明確な戦略と利益のバランスがあったが、今回のイラン合意には利益の合致もないし、「期待」の対称性もないとします。イラン核合意は甘いと考えているのでしょう。しかし、イランの核開発にどう対処すべきかについての同氏の考えはこの論評では明らかにされていません。

 論評の最後で、米軍事力の強さというよりも、米国に世界で役割を果たす決意があるか否かが重要だと述べています。おそらく、今の政権にはその「決意」が欠けていることを暗に批判しているのでしょう。

あわせて読みたい

「IS(イスラム国)」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  7. 7

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  10. 10

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。