記事

稲田朋美 自民党政調会長と、ひとり親支援等について議論しました

リンク先を見る

 日本初の女性総理候補の一人として注目が集まる、稲田朋美議員とお話ししました。「ひとり親を救えプロジェクト」の呼びかけ人でもある、気鋭の社会学者、古市憲寿さんからご紹介を頂きました。

 稲田議員にはひとり親の第二子以降の給付金(児童扶養手当)が低すぎることについて話すと「こうした厳しい環境にいる人にこそ、政治は寄り添わねば」「休眠預金の社会的活用を進め、困難な立場の人たちを助けていくべき」LGBT等の性的マイノリティの方々に権利についても、政治はもっと関心を持っていくべきだ」

など、ひとり親だけにとどまらず、マイノリティの人々への共感と、環境改善への意志を示されました。

 メディアでは一つの側面が強調されがちですが、政治家の方々には色んな側面があって、あるイシューでは考えが異なったとしても、違うイシューでは思いを一つにできる、ということはあるわけです。

 その、それぞれ違う考えを持つ政治家の皆さんと、一致できる部分で手を繋いでいき、広く社会問題への課題意識を共有し、そして実際に制度や法律を共に改善していきたいと思っています。

 「ひとり親を救え」プロジェクトでは、地味ですが政治家や官僚の方々と対話を続け、児童扶養手当の増額やその他子どもの貧困を緩和させる重要な方策が実現に近づくよう、後押しして参りたいと思います。

あわせて読みたい

「ひとり親を救え!プロジェクト」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。