記事

8月円高の予兆を感じさせる足許の動き・・・

為替千里眼、やはり週初から荒れ模様の今週のマーケットではありますが、市場の大方の予想どおり、債務上限引上げ難航を背景にドルが全面安となり、ドル円は一時77.80円アラウンドの安値更新、直後は介入警戒感から急反発こそいたしましたが、現状も78円ちょうど付近で推移しており、依然として下値不安が払拭できないのが実情です。一方のストレートもドル売りが加速し、ユーロドルは一時1.45、ケーブルも1.64台に乗せるなど、ストレートの伸びが顕著であるが故に下値不安を懸念しつつも、実際にクロスなどは微妙に底堅く推移しております。実際に、各通貨の好材料を背景に買われている訳ではないので、現状の上昇を手放しで喜ぶ訳にも行きませんが、オージードルなどは明確に陽転の足型となっているなど、テクニカルアプローチでは一段の上昇、すなわちドル売りが見込まれるだけに、ドル円もこの下落がクライマックスとは捉えない方がよいかと思われます。

少々仕事が忙しく、お昼の更新ができませんでしたが、昨晩のNY株は約90ドル近い下落幅だったにも拘らず、債券市場は債券売りに傾斜するなど、回避的な動きの割りに安全資産が売られるという珍しいパターンでもありました。すなわち、悪い金利上昇が本格化してきた証左でもあり、米債務上限引上げ交渉に明確な進展がみられないことなどを背景にリスクプレミアムの高まりが指摘されるところでもあります。7月も最終週ということで月末のフローなんかも気になるところではありますが、いよいよ8月と言えばアノマリー的に円高になりやすい月でもありますので、現状の方向性(76円までの全戻しシナリオ)を考慮すると、本邦サイドからの介入警戒感こそあるものの、やはりダウンサイドの可能性の方が高いようなイメージを持っております。ちなみに、過去の8月の日本円のパフォーマンスをみると、8月単月で1〜2%程度の円高に傾斜しておりますので、その点は念頭に置いておきたいところです。

ロンドンでの材料は、英GDP2Qが焦点ではありましたが、結果的には市場予想を若干下回る年率+0.7%と市場の反応こそ乏しかったのですが、通常の地合いであればそれなりに売り込まれるくらいの結果だったのではないかと思います。今後の金融政策方針を占ううえでも重要な材料ではありましたが、国内外の景気動向の弱さもあって政策論議はハト派的な方向に傾斜しつつありますが、MPCは引締めに対しても追加緩和に対しても高いハードルを設けておりますので、金融政策ならびに金利水準に関しては、長期にわたって据え置かれる可能性ということが言えそうです。まぁ、現状は市場の主眼がそこに置かれていませんので、今後米債務上限引上げ問題が収束したときにどうなるか?をイメージしておかなければなりませんが、ケーブルでさえ間もなく陽転を迎えるという堅調な足型となっておりますので、当面はドル売りの流れについて行くしかないのが実情です。

米新築住宅販売各社予想
Wファーゴ:33.0万件
シティ:32.2万件
バークレイズ:32.1万件
NYメロン:32.0万件


こうまで各社予想が偏ってると出す意味もないような気がしますが、CB消費者信頼感も含め、現状はマクロより債務上限引上げ問題のほうがインパクトが強いので、そちらの方に注力した方が良いかと思います。昨日の進展を見てみますと、民主党のリード上院院内総務と共和党のベイナー下院議長がそれぞれ新しい債務上限引上げ案を発表したものの、然程歩み寄りは見られず結局もの別れに終わっております。共和党サイドの妥協案は、今後10年間で1.2兆USDの歳出削減を決定するとともに最大1兆USDの債務上限引上げを実施、社会保障制度などの義務的支出の削減で1.8兆USDの決定などで、増税は一切含まれません。一方の民主党サイドは、増税および義務的支出削減を含まずに、今後10年間で2.7兆USDの財政赤字を削減し、2.4兆ドル債務上限を引上げる案を発表しています。リード上院院内総務は共和党案を窺いつつも「短期的な債務上限引き上げが上院を通過する見込みはない」と批判しており、一向に着地点が模索できていない点は市場にとってもマイナス要因であるといえます。

今晩もまた米債務問題のヘッドラインに左右される可能性が高く、ダウ先も徐々にプラス幅を削り始めているところではあります。今晩は、CBや新築住宅といったマクロももちろん重要ですが、それ以上に26時には350億USDの2年債入札が控えており、こちらの応札結果の方が非常に気掛かりだったりするのが本音です。財政懸念を背景に入札不振が懸念されるところでもありますが、仮に好応札であってもドルが買い戻されるかどうかは微妙、逆に悪結果だった場合の反応の方が大きいと思いますので、その点を念頭に置きながら今晩を乗り切りたいと思います。

明日の東京での豪CPIなんかも注目です!

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  8. 8

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  9. 9

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  10. 10

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。