記事

今週のおさらいと米債務上限引上げに関する注意点

為替千里眼、非常に暑い日々が続きましたが、今週も1週間お疲れ様でした。先週の雇用統計の悪化以降、地合いと市場センチメントは一段と後退してしまったような感じで、特に悪材料に反応しやすい状況になりつつあるようです。欧州債務問題もギリシャ救済決定でひと段落するかと思いきや、矢継ぎ早にイタリアやスペインなどの懸念が広がり、この週末に発表された欧州銀行に対するストレステストの結果も予想されたほど悪い内容ではなかったものの、回避的動意を背景に米債利回りは再び低下、一方の米サイドの債務上限引上げに絡む議会の協議も難航しており、回避動意の受け皿としてスイスや円、ゴールドなどが堅調な展開となった1週間ではありました。欧州ストレステストの結果に関しては、昨年同様信頼性が大幅に向上したとは言えないため、週明けも圧迫要因として意識されるかもしれません。

今週は、各マクロ動向はもちろんですが、やはり各格付け会社が一斉に米債に対する最高格付けの格下げ方向での見直しを発表したことが取り沙汰され、ムーディーズに続きS&Pまでもが同様の見解を示したことは少々サプライズだったかもしれません。元々7月中旬までに債務上限引上げの議論に進展が見られない場合には、格付けを見直す可能性があると警告していたのは以前の記事でもご紹介しましたが、上限一杯となる8月2日までに債務上限引上げ法案を文書化・可決するには、7/22までに現状難航している協議を合意させる必要がありタイムリミットはもう目前まで迫っていることから、利払い停止などの短期的デフォルトの可能性は低いがもはや微々たるものではないとムーディーズは指摘しています。

CFTC IMM positions(July 12, 2011)
JPY:Long52,277  Short23,989
EUR:Long61,392  Short48,976
GBP:Long27,687  Short52,488
CAD:Long39,535  Short24,201
CHF:Long18,139  Short10,058
AUD:Long81,258  Short13,635
NZD:Long22,687  Short 3,103

※先週データはこちら

まぁ、言うまでもなく回避動意が進行しておりますのでポジションバランスはご覧のとおりです。円ロングは一段と増加し、ネットロング1.5万枚の増加、ユーロはネットロングが大幅に減少し、前週比で約3.0万枚減少しています。その他の通貨は概ね前週比フラットで、やはりドル売りユーロ売りといった円が選好されやすい地合いだったことが窺えますが、状況的にはさほど変わっておりませんので、来週も引続きドルとユーロが圧迫されやすい状況、特にユーロというよりかは欧州通貨ということで、ポンドも圧迫されやすい状況は続くと思われます。唯一オージーが堅調さを保っておりますが、どちらかと言えば消去法的に選好されている節が感じられますので、基調的に上方向ということではなさそうなので注意したいところです。

昨晩のマクロに関しましては、注目のCPIがPPI同様に鈍化、コア値は引続き低位安定と言う状況で、Fedのターゲットには到底届かない状況が続いておりますので、インフレ面からは追加緩和の可能性は十分い考えられるところではありますが、今週行われた半期議会証言でも述べられたように、FedはQE3については実施の予定はなく、さらには政策効果そのものに対しても懐疑的な見方を示しておりますので、市場がQE3の思惑を今後も台頭させるかどうかは非常に不透明ではあります。となると、株価の堅調さが果たして今後も維持されるかどうか微妙なところではありますが、今後株価が急激に下落するようなことになれば、Fedも嫌々ながらQE3の実施をチラつかせるのではないかと思われます。要は、株価が堅調なうちは静観が続くというところです。

US10Y Treasury Notes
リンク先を見る

こうしてみると10年債利回りは2.80%レベルまでは低下しそうで、ドル円も既に長期トレンドのリトレ61.8%水準となる79円Highを大きく下抜けてきておりますので、最悪は震災直後の最安値76円を試す可能性が高いと見ております。既にデイリーのモメンタムはOSゾーンではありますので、一旦は調整反発があると思われますが、そのタイミングは昨今の懸念材料である債務上限の問題が合意した時点になると思われます。ただ一つ問題なのが、この債務上限引上げが合意したとしても、長期的な債務削減を含む大規模かつ信頼に足る計画が実現されないかぎり、格付け会社のアウトルックはネガティブに据え置かれる公算が大きく、また米債もスティープ化することで債券市場がどのような反応をするのかが非常に不透明だという点です。仮に長期債の利回りが上昇した場合、ドル円がそれに伴って上昇するかどうかは現時点では分かりませんので、利回りからのアプローチではなかなか判断しにくいところかもしれません。

色々と書きたいことはありますが、今晩は遅くなってしまいましたので次回更新でこの米債務上限引上げの件は詳しく取り上げたいと思います。

では、今週も1週間ありがとうございました。
今日から3連休ではありますが、次週もよろしくお願いします。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  9. 9

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  10. 10

    福島みずほ氏が社民の消滅を阻止

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。