記事

落日のフジテレビに象徴されるこの国のテレビメディアの腐敗〜「放送外収入」を増やすという私利私欲行為の宣伝に電波が安価に利用されているという事実

1/2

 さてもう四年も前のことです、「フジは韓流偏向報道やめろ!」とネットが大炎上、お台場でも、フジ主催の屋外イベント「お台場合衆国2011」に大勢の人々がデモ行進したのでありました。

 当時のスポーツニッポン記事から。

「フジは韓流偏向報道やめろ!」台場で4000人がデモ

 フジテレビが韓流ブームに偏向していると抗議しようと、インターネット上で呼びかけあって集まった約4000人が21日、東京・台場でデモ行進を行った。台場ではフジ主催の屋外イベント「お台場合衆国2011」が開催中。家族連れでにぎわった会場は、100人以上の警察官が警備にあたった。列は日の丸を掲げ、フジ社屋前で「偏向報道をやめろ!」「日本を返せ!」などと絶叫。代表者が抗議文を局側に渡そうとする際、警備員ともみ合いになる場面もあった。

 小学4年の長女を連れてきていた春日部市の主婦(44)は「子供は怖がるし、身の危険も感じた。せっかく楽しみにしてきたのに残念」と話した。

[ 2011年8月22日 06:00 ]

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/08/22/kiji/K20110822001460780.html

 興味深いことに、テレビでもTBS系ワイドショー番組など一部を例外としてこのお台場デモの報道は全くされていませんでしたし、大新聞でも、朝日、読売、毎日、産経、日経の5大紙は一切沈黙し、スポニチのようにせいぜい系列スポーツ紙の社会面での小記事扱いなのでありました。

 しかしこのデモがきっかけとなり、ネットでは単にフジテレビの「韓流ブーム偏向」批判に留まることなく、この国のマスメディアの抱える本質的病理であるクロスオーナーシップの悪弊や電波利権の独占状態にまで批判の矛先は伸びていきました。

 当時のネット報道などを見ますとこのデモでは右翼の街宣車や一部組織の宣伝活動に利用されてしまった負の側面があったようですが、日本のテレビ局に始めてこの規模でデモが発生した事実は、当時当ブログは重く受け止とめていました。

 そしてこれらのフジテレビ批判を通じて、ネット上で実に多くの人々が日本のマスメディアのゆがんだ構造に気付いていきました。

 フジテレビの凋落はすであの頃からその兆しが見えていました。

・・・

 さて今期、創業以来初となりました、そのフジテレビが赤字転落であります。

 フジテレビの単体業績は、売上高が前年同期比6.6%減の1466億円、営業益は10億円の赤字(前年同期は40億円の黒字)に終わりました。

 視聴率の低迷から、放送収入は計画を約90億円下回りました。

 番組制作費を含む経費削減を進めましたたが、バレボール・ワールドカップ放送の不発や、「お台場夢大陸」(7〜8月に開催された本社屋周辺の夏祭りイベント)のコスト負担増加もあり、大幅な減収減益となったわけです。

 フジテレビOBの長谷川豊氏はそれでも大丈夫と指摘しています。

 失礼して当該部分を抜粋してご紹介。

フジテレビはテレビ事業をしていることは確かですが、フジはそもそも「フジメディアホールディングス」というメディア事業を中心とするホールディングスでしかありません。今回の決算、メディアホールディングスとしては、実は黒字なのです。不動産事業が実に好調だからです。

私はフリーになって何人ものエコノミストの方と飲んだり取材させていただいたりしましたが、彼らが揃って口をそろえるのが…

「10年後、20年後、最も経営の安定しているテレビ局は?」

という話題です。

日テレだと思いますか?

いやいや、好調のテレ朝?

違いますね。エコノミストたちは全員同じで、「TBSがダントツで優秀」と答えます。もし知り合いの方にエコノミストの方がいたら聞いてみてください。絶対にそう答えますから。答えは簡単。TBSが持っている赤坂中心の不動産業が、超、絶好調だからです。

フジテレビが開局以来の営業赤字になった、というニュースに対して思うことを2点 

http://blogos.com/article/143476/

 そうですね、ご指摘の通りTBSはじめテレビ局はどこも、本業以外で利益を貪っています、「放送外収入」ってやつです。

 「電波利権を有した不動産業」、実はこれは極めて不公平な無敵産業なのであります。

■クロスオーナーシップがなぜ生まれてしまったのか〜ライバルのいない独占「事業」TV放送に群がる魑魅魍魎達(読売、毎日、産経、出遅れた朝日、日経)

 欧米の先進国の多くでは、言論の多様性やメディアの相互チェックを確保するために、新聞社と放送局が系列化する「クロスオーナーシップ」を制限・禁止する制度や法律が設けられていますが、日本ではこれが抑制できませんでした。

 その結果、読売新聞と日本テレビ、朝日新聞とテレビ朝日、産経新聞とフジテレビ、毎日新聞とTBSといった新聞とテレビ・ラジオの系列化が進み、テレビが新聞の再販問題を一切報じないことなどに見られるようにメディア相互のチェック機能がまったく働かず、新聞もテレビも同じようなニュースを流し、ある事象には今回のように同じように沈黙するという弊害が生じているのです。

 なぜ日本ではクロスオーナーシップの悪弊がはびこってしまったのか、それはTV放送の創生期にまで遡ると見えてくるのです。

 日本最初の民放である日本テレビ放送網が本放送を開始するのは、昭和28年(1953年)8月、今から60年前のことであります。

 この新しいメディアであるテレビにもっとも執心していたのが当時の読売新聞社社長である正力松太郎であり、当時の正力は読売新聞社長という枠を越えてたいへん精力的に活動しています、TV放送にもいち早く法整備の段階から参画し日本初の民放である日本テレビの初代社長にも本放送開始前の昭和27年(1952年)就任しています。

 TVに限らず電波は有限であり限られた公共財でありますから、民間放送枠も限られています、したがってTV放送は多くの国々で国による認可制(免許制)を取っているのですが、日本で最初の民間免許を取得したのが読売新聞グループだったわけです。

 あわてた他の新聞社が読売に追随してTV放送免許を取得していきます。

 7月に地デジ化されましたが、それまでの東京キー局のチャンネルの順番がそのまま、免許取得の順番を時系列で表しています、4チャン(日テレ・読売新聞G)、6チャン(TBS・毎日新聞G)、8チャン(フジ・産経新聞G)、10チャン(NET(後のTV朝日)・朝日新聞G)、最後に12チャン(東京12チャンネル(後のTV東京)・日経新聞G)と相次いでクロスオーナーの系列が完成していきます。

 当時発行部数日本一だった朝日新聞が後に読売新聞に抜かれるわけですが、このTV放送進出に読売に大きく後れを取ったことも敗因のひとつに上げてよろしいでしょう。

 さてテレビ局は民間会社とはいえ、限られた電波を独占しているわけですから、営利追求に走ることなく、当然ながら公共の利益をしっかり守ることが第一に求められています。

 放送法第四条にも明確に放送番組の編集に縛りを与えています。

第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。

一  公安及び善良な風俗を害しないこと。

二  政治的に公平であること。

三  報道は事実をまげないですること。

四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

<データソース>

放送法(昭和二十五年五月二日法律第百三十二号)

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO132.html

 TV局の電波使用料はその「公共性」をかんがみきわめて安く抑えられてきたのです。

 これにより彼らは「例えば、日本テレビが支払う電波利用料は年間わずか3億7600万円なのに対して、売上高はその738倍の2777億円。TBS、テレビ朝日、フジテレビなど他のキー局も電波を格安で仕入れ、その数百倍の収益をあげている。まさに「濡れ手で粟」の商売」(週間ポスト10年11月2日記事)という、独占事業をいいことに荒稼ぎをしてきたのです。

テレビ局の「電波使用料」は売上高のわずか0.14%しかない

2010.11.02 10:00

本誌は総務省への情報公開請求によって、テレビ局が「公共の電波」を独占することでどれだけ荒稼ぎしているかを示す資料を入手した。

テレビ局は国(総務省)から電波の割り当て(放送免許)を受け、毎年、電波利用料を支払っている。下表はNHKや民放各社が国に支払っている「電波利用料」と売り上げを比較したものだ。

例えば、日本テレビが支払う電波利用料は年間わずか3億7600万円なのに対して、売上高はその738倍の2777億円。TBS、テレビ朝日、フジテレビなど他のキー局も電波を格安で仕入れ、その数百倍の収益をあげている。まさに「濡れ手で粟」の商売である。

【NHK】
電波利用料(A):14億8700万円
事業収入(B):6644億円
Bに占めるAの割合:0.22%

【日本テレビ】
電波利用料(A):3億7600万円
事業収入(B):2777億円
Bに占めるAの割合:0.14%

【テレビ朝日】
電波利用料(A):3億7000万円
事業収入(B):2209億円
Bに占めるAの割合:0.17%

【TBS】
電波利用料(A):3億8500万円
事業収入(B):2727億円
Bに占めるAの割合:0.14%

【テレビ東京】
電波利用料(A):3億6000万円
事業収入(B):1075億円
Bに占めるAの割合:0.33%

【フジテレビ】
電波利用料(A):3億5400万円
事業収入(B):1717億円
Bに占めるAの割合:0.21%

【その他、地方局計】
電波利用料(A):9億1251万円
事業収入(B):1兆2525億円
Bに占めるAの割合:0.07%

【全国128局計】
電波利用料(A):42億4641万円
事業収入(B):2兆9676億円
Bに占めるAの割合:0.14%

※週刊ポスト2010年11月12日号

http://www.news-postseven.com/archives/20101102_4829.html

 この記事によれば、全国のテレビ局の総計でわずか42億4641万円しか電波使用料を払っていません、それに対して彼らの売り上げは2兆9676億円にも登っているわけです。

 この42億という数字、これがいかに安価なのか、例えば平成19年度におけるこの国の電波利用料収入は653.2億円ですが、なんとそのうち80%は我々国民が使用する携帯電話会社が負担しています、携帯電話会社が負担これすなわち通話代金を通じて私たち国民が負担しているわけです。

 この国のマスメディアは、テレビ局の電波使用料の値上げ案に関しては「公共の電波」を理由に反対し、都合よく自分達の「報道の自由」を前面に押し出し「国民の知る権利を守るため」といいつつ、実際に新規参入が認められないその独占市場である電波を安く使って「殿様商売」をしてきたわけです。

 このTV局の電波利権の問題は、クロスオーナシップの弊害によりラジオ局も大新聞も誰も報道できないこの国のマスメディアのタブーとなっていったのであります。

 暴利をむさぼった結果どうなったか、在京キー局の社員平均年収は国民平均年収の3倍となる異常な状況になっているのです。

■テレビ局社員平均年収(2011年1月時点)(※単位:万円)

局名年収
フジ1457
TBS1357
日テレ1262
TV朝日1213
TV東京1050

<データソース>

テレビ局の年収をグラフ化してみる(2011年1月版)

http://blog.livedoor.jp/booq/archives/1379335.html

 ・・・

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  3. 3

    ブラックな外食業界の歪んだ美学

    幻冬舎plus

  4. 4

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  6. 6

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  7. 7

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

  8. 8

    張本氏の放言を許さぬ風潮に疑問

    中川 淳一郎

  9. 9

    河野氏 荒川氾濫なら500万人影響

    河野太郎

  10. 10

    自民党を助ける対案なき万年野党

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。