記事

マクドナルドのターンアラウンドは、始まったばかりだ

マクドナルド株(ティッカーシンボル:MCD)は過去4年近くもボックス圏をウロウロしていました。しかし先日発表された第3四半期決算をきっかけに、新波動入りしています。

リンク先を見る

同社はチキンナゲットの衛生管理に関するSNSでの風評被害などがあり、既存店売上比較が低迷しました。とりわけ日本では苦戦しています。

しかし今年からスティーブ・イースターブルックがCEOに就任し、同社の経営に新風を吹き込んでいます。先の決算発表では既存店売上比較は+4%と予想を大幅に上回りました

下はCNBCとのインタビューです。


この動画では、7月1日から各州の自社店舗に関し、最低賃金より1ドル高く賃金を設定するよう指示したことに言及されています。これは社員の士気向上に役立ちました。

また食材へのインフレ圧力に対応し、コスト増を吸収するため、売上高を伸ばすことに専念していると説明しています。とりわけ営業キャッシュフローを伸ばすことにフォーカスした経営を目指しています。

かねてからフランチャイジーから「メニューが複雑すぎる」という批判がありましたが、これについてはここ8か月くらい、フランチャイジーと討議を重ね、メニューをどうシンプル化するか? という問題に取り組んできました。その答えのひとつとして「オールデイ・ブレックファスト」を導入したのです。これはフランチャイジーの98%が賛同しました。

現在は、宅配アプリなどの整備を進めています。

関連する記事:ハンバーガー・チェーンの近況

あわせて読みたい

「マクドナルド」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。