記事

焦点は早々にFOMCへ移行するも、不透明要素はさほどない・・・

為替千里眼、好天と引換えに真夏日というお返しで、いよいよ本格的な夏を感じさせる陽気となっております週中の水曜日となりますが、昨晩から本日に掛けての最大の焦点となりましたギリシャ新内閣に対する信任投票につきましては、大方市場予想どおり賛成155票、反対143票で可決に至り、市場の懸念は一時的に後退したというのが実情です。ただ、次いで月末の中期財政戦略に対する議会承認が控えておりますので、今回の結果を受けてのユーロ急反発には至りませんでしたが、回避的動意の後退を背景に東京株は前日に続き100円超の上昇幅、地合いそのものは底堅いといった雰囲気が先行しております。

既に市場の焦点は、今晩のFOMCに移行しておりますが、その前にロンドンではノルゲスバンクのレートアナウンス、そしてBOE議事録の好評を控えておりますので、特に後者のほうはポンドに大きな動きが見られるのではないかと期待しております。ノルゲスバンクにつきましては、今回の会合こそ2.25%で据置きの予想となっておりますが、年内2回の追加利上げが広く予想されており、クローナもタカ派的な見解が多いのが実情です。一方のBOE議事録ですが、こちらは米国同様に足許のマクロ悪化によって日増しに利上げ期待が後退している状況で、さらには最もタカ派であったセンタンス委員が退任しておりますので、現状のMPC内では早期利上げを唱えるメンバーは不在になってしまったかもしれません。ケーブルに関しては1.62割れで引続きショート寄りのイメージを持っております。

昨晩のマクロを振り返りますと、序盤の加リテールは市場予想を大きく下回ったものの、CADは比較的底堅い展開が続きました。また米中古住宅販売も予想値どおりとなったことで特段大きな影響は出ず、結果的には株価上昇による債券利回りの上昇(債券売り)を背景としたリスクテイク展開に支えられたような感じではありましたが、やはりギリシャの結果待ちという雰囲気に支配されていましたので、昨晩の動きは調整程度の範疇だったのかもしれません。その他、レッドブック小売は前月比+1.0%、ICSC小売は前週比で-0.7%と2週連続でのマイナスに留まっております。まぁ、マクロ云々の展開ではありませんでしたので、各通貨ともさほど推移レンジを変えることなく水曜日を迎えておりますが、今晩のFOMCも不透明な部分がさほどありませんので、特に大きな期待は持っていないというのが本音です。

FOMCに関しては昨日も取り上げたように、Fedが景況判断を下方修正するか否か(恐らくすると思われますが・・・)、そしてQE2終了に伴い追加的な緩和策について実施の可能性はあるのかどうか・・・コチラに関しては否定的な姿勢が示される公算が高いと思われますが、まだまだ予断を許さないというのが実情かと思われます。一部の報道では、Fedメンバー内でインフレターゲットの導入について支持を表明していたことから、バーナンキ議長がこうした目標の導入に対するFOMCの見解を説明する可能性もあると指摘しておりますが、焦点は現状の景況感と今後の緩和姿勢の継続如何かと思われますので、市場が想定している以上にマクロ悪化について懸念を示すようなことになると、回避的な動意を生みやすいのではないかと思われます。

まずは、目先BOE議事録とケーブルの下振れに期待しましょう(笑)

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  6. 6

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  7. 7

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。