記事

日経平均は7日続伸、先高期待で地合い堅調

[東京 12日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅ながら7日続伸。朝方は米株安や円安一服を受け売りが先行。短期的な過熱感も警戒されたが、先高期待から切り返し、プラス圏で引けた。もっともオプションSQ(特別清算指数)算出などをイベントを前に方向感は乏しい。TOPIXやJPX日経400は小幅安となった。

マネックス証券チーフ・ストラテジストの広木隆氏は「12月の米利上げの確度が高まるにつれ、リスクオンに傾いている」と指摘。年内は株高基調が続くとの見方に加え、日経平均2万円までは価格帯別出来高が少なく、戻り売りが出にくいことが地合いの強さにつながっているという。

日清食品HD<2897.T>や戸田建設<1860.T>など好業績株も物色された。日本郵政<6178.T>がしっかりとした値動きとなり、投資家心理の安定につながったという。「郵政上場で流入した新たなマネーが、利益確定後にどこに向かうか関心が高い」(国内証券)との声があった。

一方、指数が前日終値を挟んだ小動きとなり、日中の方向感は乏しい。あすのオプションSQ算出や、来週の7─9月期GDP(国内総生産)、日銀金融政策決定会合などの注目イベントを控え、ポジションを傾けにくいとみられている。

個別銘柄では、アルバック<6728.T>が年初来高値を更新。11日に発表した2016年6月期業績予想の上方修正を好感した。連結営業利益は135億円から145億円、連結当期利益は95億円から100億円に引き上げた。第1四半期にFPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置の利益率が想定以上に改善されたことなどが寄与する。

半面、りそなホールディングス<8308.T>が急反落。11日に発表した2015年4─9月期連結決算で当期利益が前年同期比35.4%減の857億円となり、嫌気された。与信費用の増加や株式関連損益の悪化などが要因だった。

東証1部騰落数は、値上がり976銘柄に対し、値下がりが799銘柄、変わらずが137銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      19697.77 +6.38

寄り付き    19644.65

安値/高値   19597.99─19725.83

TOPIX<.TOPX>

終値       1593.57 -1.75

寄り付き     1591.27

安値/高値    1587.29─1597.2

東証出来高(万株) 209741

東証売買代金(億円) 22738.11

(杉山容俊)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  8. 8

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  9. 9

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  10. 10

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。