記事

奨学金 無理ない返済へ「所得連動型」を

月々の返済額が所得に応じて決定できる。そのような奨学金制度の実現をめざし、文部科学省の有識者会議が検討を進めている。

議論されている制度は、「所得連動返還型」といわれ、奨学金利用者の経済的負担や不安感を軽減し、安心して進学できる環境づくりが狙いだ。公明党の学生局が学生たちの声を踏まえ、安倍晋三首相に導入を提言したもので、早期実施が望まれる。

公明が提唱する新制度は、卒業後に毎月、定額を返す現行制度と異なり、年収が一定金額に達した段階から返還してもらう。その後も、収入に連動した無理のない範囲で、返済額が決められるのが特徴だ。収入の把握は、来年1月から始まる社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度を活用する。

本人の経済状況に応じた弾力的な仕組みといえよう。

対象は、日本学生支援機構の奨学金になる予定だ。現在も、同機構の無利子の奨学金に限って、年収300万円以下なら返済を先送りできる仕組みはある。しかし、300万円を超えると固定された金額で毎月の返済が始まるので、一気に負担がのしかかっていく。万が一、支払えない場合は延滞金が発生する。

実際、年収の伸び悩みや非正規雇用者の増加などによって、3カ月以上延滞している返済者は17万人を超す(2014年度末)。また、3カ月以上延滞すると個人信用情報機関に氏名が登録され、クレジットカードの使用に支障をきたし、日常生活に影響が及ぶ。

このため、公明党学生局が各地で開催している学生との懇談会でも、自分が社会人になってから延滞に陥らないか不安を訴える奨学生がいる。

ここはぜひ新しい制度で延滞を減らしていきたい。

有識者会議は今年度末をめどに取りまとめ作業を終えるが、検討テーマは少なくない。返済を開始する最低所得金額や返済金の最低下限月額の設定をはじめ、さまざまな課題はあろうが、この制度を既に採用している英国やオーストラリアなどの取り組みは大いに参考になるはずだ。

奨学金は教育の機会均等に大きな役割を果たす。学生が利用しやすい制度の実現に知恵を出してほしい。

あわせて読みたい

「奨学金」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  2. 2

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  3. 3

    柴咲コウ、芸能活動の光と影「私の長所でもあり短所」「偽りたくない」

    マイナビニュース

    10月24日 14:29

  4. 4

    「なぜトヨタは燃料電池車の開発をやめないのか」電気自動車が苦手な2つの分野

    PRESIDENT Online

    10月24日 15:03

  5. 5

    廣瀬爽彩さんの重大事態:旭川市教育委員会からヒアリングを行っての決意

    山田太郎

    10月24日 16:02

  6. 6

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

  7. 7

    世界もびっくり:日本で新型コロナウイルス感染者が激減

    舛添要一

    10月24日 16:21

  8. 8

    異例づくめの参院補選。静岡で与党・自民党が敗北の影響は波及必至か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月25日 09:27

  9. 9

    京都で散見されるコロナの傷跡 空き店舗や廃業ホテルも多い中、観光再興できるか

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:47

  10. 10

    岸田政権、総選挙後は維新の協力不可欠 菅前首相に頭を下げる展開も

    NEWSポストセブン

    10月25日 10:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。